免除申請について

免除申請について

第11課題のインバウンド会話は選択課題となり、英語・中国語・韓国語から1言語を選択して解答する形式となります。また、各言語における下記の資格をお持ちの方は課題免除をすることができます。

英 語TOEIC450点以上、TOEFL(PBT)450点、英検準2級、国連英検C級以上
中国語中国語検定3級以上、HSK3級以上
韓国語ハングル能力検定試験3級以上

※上記以外の資格については、免除の申請の受付を行っておりません。

※英語・中国語・韓国語は訪日外国人をご案内するインバウンド会話で、免除基準の級や得点などは、難易度の水準を示すものではありません。


免除申請書類の提出について

  1. 免除を希望される方は、お申し込み時に「課題免除の申請」の項の「申請する」にチェックを入れ、「取得済み資格」をプルダウンよりご選択ください。
  2. お申込み完了後、申込み確認メールがお申込み時のメールアドレスに届きます。申込み確認メールが届きましたら、届いたメールに取得済み資格の証明書を添付してご返送ください。添付するファイルはJPEGまたはPDFにてご用意をお願い致します。
  3. 正しく免除申請が完了しましたら、後日発行の受験票に「免除」の記載がございます。

※免除申請書類が申込締切翌日10時までに確認できない場合、「免除なし」でのお申込みとなります。

※お申込み後の免除の変更はできません。

※免除申請についてご不明な点は下記までお問い合わせください。

お問い合わせ 03-5276-0030


試験申込試験申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

インバウンド実務主任者とは

参考書籍・学習教材

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ