【観光立国】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

観光立国 -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第1課題 観光総論

観光立国

観光立国とは、国内の特色ある自然景観、歴史的遺産、風土、都市、レジャー施設、食などさまざまな観光資源を整備して国内外の旅行者を誘致し、それによる経済効果を国の経済を支える基盤にすることである。

すでに、多くの国が観光立国を謳い、観光省、観光局など専任機関を設置し、国民の旅行の促進、観光資源の開発・整備、観光ビジネスへの助成・規制、特に国に大きな経済効果のある外国人旅行者の誘致に努めている。

日本では長らく「観光」は国家的課題とみなされず、観光行政の位置付けは低かった。しかし、2003年、小泉純一郎内閣総理大臣のもと、日本国家として初めての「観光立国宣言」がなされた。国土交通大臣を観光立国担当大臣に任じたことによって、一挙に観光が国の大きな課題となり、その推進に向けて動き出した。

2007年、それまで国の観光分野における基本の法律であった「観光基本法」(1943年)を全面改正し、「観光立国推進基本法」が制定された。さらに、2008年その推進を担う「観光庁」が国土交通省の外局として新設された。


【例題】
問.
以下のアからエまでのうち、日本の観光行政に関する【問題文A】および【問題文B】の正誤の組合せとして適切なものを1つ選びなさい。
【問題文A】国内の特色ある自然景観、歴史的遺産、風土、都市、レジャー施設、食などさまざまな観光資源を整備して国内外の旅行者を誘致し、それによる経済効果を国の経済を支える基盤とすることを、観光立国という。
【問題文B】国により観光立国が宣言され、観光が国家的戦略として位置づけられたことを受けて、国の観光行政を担う専管部署であり、国土交通省の外局として設置された機関を文化庁という。
ア.A=○ B=○
イ.A=○ B=×
ウ.A=× B=○
エ.A=× B=×

解答:イ

観光行政の専管部署であり、国土交通省の外局として設置された機関は観光庁である。


ƒS̕
CoEhXN[

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますので、御社の様式に合わせてご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

ASAHIWeekly

インバウンドスクール

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ