【観光立国推進基本法】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

観光立国推進基本法 -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第1課題 観光総論

観光立国推進基本法

観光立国推進基本法は、2006年に議員立法により成立し、翌2007年より施行された。観光が日本の力強い経済を取り戻すための極めて重要な成長分野であることを明言し、観光は21世紀における日本の重要な政策の柱として初めて明確に位置付けられた。

同法の基本理念は、①魅力的な地域づくりの認識の重要性、②国民の観光旅行促進の重要性、③国際的視点に立った観光の重要性、④観光ビジネスにおける関係者相互の連携の確保の必要性、である。また関係者のそれぞれの責務、役割を明確にしている。



ƒS̕
CoEhXN[

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

インバウンド実務主任者とは

ASAHIWeekly

インバウンドスクール

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ