【民泊新法(住宅宿泊事業法)】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

民泊新法(住宅宿泊事業法) -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第1課題 観光総論

民泊新法(住宅宿泊事業法)

民泊新法は正式名称を「住宅宿泊事業法」といい、訪日外国人旅行者が急増する中、多様化する宿泊ニーズに対応して普及が進む民泊サービスについて、その健全な普及を図るため事業を実施する場合の一定のルールを定めた法律である。その背景には、民泊サービスが世界各国で展開されており、我が国でも急速に普及していること、急増する訪日外国人旅行者のニーズや大都市部での宿泊需給の逼迫状況を解消することなどがある。住宅宿泊事業に関わる届出制度、住宅宿泊管理業に関わる登録制度、住宅宿泊仲介業に関わる登録制度などが規定されている。

同法は2017年3月に閣議決定され、2018年1月の施行を目指している。



ƒS̕
CoEhXN[

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますので、御社の様式に合わせてご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

ASAHIWeekly

インバウンドスクール

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ