【為替相場(為替レート)】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

為替相場(為替レート) -インバウンド用語集-

≪ 合格応援キャンペーン ≫


2,300円(税抜)の公式テキストを、1,000円(税抜)で
ご購入いただけます!!

申込方法


これから試験を申し込む方は…


下記[試験申込ボタン]から申し込み、『公式テキストセット』を選択してください。

先着100名様限定!!



2,300円(税抜)→1,000円(税抜)

   

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら

第2課題 インバウンド総論

為替相場(為替レート)

外国為替市場において異なる通貨が交換(売買)される際の交換比率。

戦後日本では為替レートは1ドル=360円となったが、1973年(昭和48年)にアメリカがドルの10%切り下げを発表したため、固定相場を保てなくなり、レートが常に変化する変動相場へと移行することとなる。2017年現在は1ドル110円前後で推移している。

変動相場は固定相場制のように通貨を一定比率に固定せず、為替レートの決定を外国為替市場の需要と供給により自由に変動させる制度をいう。外国為替市場で外国通貨を対価とする自国通貨の売りが増えれば、自国通貨の対外価値が下がり、逆に外国通貨の売りが増えれば、自国通貨の対外価値が上がるといった仕組みになっている。


【例題】
問.
為替レートに関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.通貨を交換するための市場を外国為替市場と呼び、通貨の交換比率を為替レートと呼ぶ。
イ.円安とは円の価値が下がることであり、「1ドル=100円」が「1ドル=90円」になることである。
ウ.中国の人民元と日本円において「1元=16円」が「1元=20円」になる状態は円安である。
エ.円安は外国人旅行者にとっては自国通貨の価値が上がることなので、一般的には訪日旅行の意欲を促進すると考えられる。

解答:イ

為替レート「1ドル=100円」が「1ドル=90円」になるのは円の価値が上がる円高である。


CoEhXN[

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

インバウンド実務主任者とは

ASAHIWeekly

インバウンドスクール

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ