【観光協会】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

観光協会 -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第2課題 インバウンド総論

観光協会

拡大するインバウンドの需要を地域が吸収していくこと、すなわち訪日外国人旅行者が地域を訪れてくれることが、地域活性化につながる。地域においてもインバウンド誘致に取り組み始めている。地域においてその推進主体となっているのが観光協会である。

観光協会とは観光地と呼ばれる地域内の観光振興を目的とした観光事業者で、都道府県単位の協会および市町村で構成される協会がある。都道府県単位のものについては、「○○県観光協会」のほか、「観光連盟」「観光コンベンション協会」「観光コンベンションビューロー」などと称しているところもある。

観光協会は基本的には地域の観光振興を目的としたもので国内旅行者をその対象としてきたが、インバウンドの拡大に伴い、外国人旅行者の受入体制整備などインバウンド誘致に積極的に取組み始めている。



ƒS̕
CoEhXN[

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますので、御社の様式に合わせてご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

ASAHIWeekly

インバウンドスクール

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ