【DMO】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

DMO -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第2課題 インバウンド総論

DMO

Destination Management Organization 観光施設、自然、食、芸術・芸能、風習、風俗など当該地域にある観光資源に精通し、地域と協同して観光まちづくりを行う法人のこと。欧米では既に実践されている観光施策で、直訳すると「旅行目的地をマネジメントする組織」という意味になる。「地域がインバウンドツーリズムを主導していくシステム」と言うこともできる。

また、DMC(Destination Management Company)とは、来訪者の実際の手配や体験を提供する地域に特化した旅行会社のことである。

地域創生、地域活性化のために国は「日本版DMO」を推進している。観光庁によると日本版DMOとは、「地域の『稼ぐ力』を引き出すとともに地域への誇りと愛着を醸成する『観光地経営』の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として、多様な関係者と協同しながら、明確なコンセプトに基づいた観光地域づくりを実現するための戦略を策定するとともに、戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人」のこととしている。

地域の現状、いわゆる観光協会方式の、関係者の巻き込みが不十分、データの収集・分析が不十分、民間的手法の導入が不十分という課題に対応した新しい地域の観光振興の組織づくりである。現在、日本版DMO候補法人として100件以上(2017年3月)が登録されている。登録を行った法人およびこれと連携して事業を行う関係団体に対して、関係省庁が支援を行うとしている。

日本版DMOの特徴は、複数地域の連携、共通コンセプト、民間主導という点であり、新しい観光プラットフォームと言えよう。地域のインバウンド誘致のみが目的の観光施策ではないが、地域が伝えたい魅力を世界に発信するために、また、地域が一体となって受け入れる体制を作るためにも、インバウンド誘致・受入れに欠かすことのできない地域の組織となるだろう。


【例題】
問.
以下のアからエまでのうち、日本版DMOに関する【問題文A】から【問題文C】の内容として適切なものを1つ選びなさい。
【問題文A】旅行市場が大きく変化している中、これまでの我が国の地方における観光振興の体制は各地域によりバラバラな対応で非効率な面が多々見られた。このような状況を変えるために国が主導で全国統一の観光振興体制を構築することが日本版DMOの目的である。
【問題文B】観光地域づくりを行うことについて、対象となる地域の宿泊施設、交通事業者、商工業、農林漁業、飲食店、行政などの関係者間の合意形成を行うことが日本版DMOの役割の一つである。
【問題文C】専門職員により戦略的にマーケティングを進めることによって宿泊数や消費額の増加につながっている海外の事例にみられるような、自主財源を持ち、民間ノウハウなども活用できるDMOの形成・確立を支援するために「日本版DMO候補法人」の登録が開始されている。
ア.A のみ誤っている。
イ.B のみ誤っている。
ウ.C のみ誤っている。
エ.すべて正しい。

解答:ア

地域発の多様な関係者を巻き込んだ観光振興の体制を構築することが目的であり、「全国統一の観光振興体制」は誤り。


ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ