【GIT】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

GIT -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第3課題 インバウンドの現状と動向

GIT

航空券や宿泊、観光、現地の送迎などが一つにまとまった団体旅行。GITはGroup Inclusive Tourの略。

インバウンドにおけるGITの参加者はアジアからの初訪日の人が多く、ゴールデンルートで日本の主要観光地を短時間で巡ることが多い。

団体旅行者を集客する自治体や企業は、海外で団体旅行者を募る旅行会社、日本国内で旅行の企画・手配を行うツアーオペレーターなどにアプローチするのが効果的である。


【例題】
問.
旅行形態・目的に関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.GITは航空券や宿泊、観光、現地の送迎などがひとつにまとまった団体旅行のことである。
イ.FITは団体旅行や団体向けパッケージツアーを利用して行く海外旅行のことである。
ウ.SITはテーマ性が高い特別な目的に絞った旅行のことである。
エ.VFRは旅行者の旅行目的の分類のひとつで、旅行先に住む親戚や友人を訪問することである。

解答:イ

FITは「Foreign Independent Tour」の略で、団体旅行や団体向けパッケージツアーを利用せずに行く、個人海外旅行のこと。
GITは「Group Inclusive Tour」の略。
SITは「Special Interest Tour」の略。
VFRは「Visit Friends and Relatives」の略。


ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ