【SIT】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

SIT -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第3課題 インバウンドの現状と動向

SIT

Special Interest Tourの略。趣味やテーマ性が高い特別な目的に絞った旅行。

SITは一般的な周遊・滞在型の旅行とは異なり、旅行地もスポーツ観戦、サイクリング、美術・音楽鑑賞など旅行目的に従って設定される。

海外旅行市場が成熟したことで、訪日外国人旅行者の旅行目的も名所を巡る従来の旅行から多様化し、SITに含まれる旅行の対象が広くなっている。そのため、現在は目的を絞った旅行をあえてSITと呼ぶことは少ない。

インバウンドでは、マラソン大会の参加ツアー、花火を見る旅など、多くのツアーを旅行会社が実施し、訪日外国人旅行者の要望に応えている。



ƒS̕
CoEhXN[

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

インバウンド実務主任者とは

ASAHIWeekly

インバウンドスクール

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ