【ビジネスジェット】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

ビジネスジェット -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第3課題 インバウンドの現状と動向

ビジネスジェット

ビジネスジェットとは、個人や企業が旅客運送としてではなく個人の輸送をするための航空機のことである。数人から十数人程度を定員とする小型機で、いわゆる社用機、自家用機である。少人数であるが富裕層やエグゼクティブがその旅客となるため、日本は積極的な受入れと、体制作りを始めている。富裕層インバウンドの大きな要素となっている。

ビジネスジェット機の機数は、世界全体で2万機程度(2015年現在、一般社団法人日本ビジネス航空協会)で、欧米に多く、日本を含めアジアは少ない。しかし、ビジネスジェットは欧米では、すでに欠くことのできない有効なビジネスツール、移動手段として定着している。また、ビジネスだけでなく、著名な個人(有名スポーツ選手・歌手等)の移動手段として、富裕層のレジャーや観光にも広く使われている。

ビジネスジェット受入れ体制の強化が急務で、首都圏空港(羽田・成田)発着枠の拡大、施設の充実、利用手続きの簡素化などが始まっている。



ƒS̕
CoEhXN[

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますので、御社の様式に合わせてご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

ASAHIWeekly

インバウンドスクール

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ