【Alipay】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

Alipay -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第4課題 インバウンドと消費

Alipay

タオバオをはじめとした中国のECサイトで利用され、中国モバイル決済において多くのシェアとユーザーを保持する、オンライン決済サービス。

Alipayはインターネット上の決済だけでなく、店頭での決済にも対応している。商品購入者はAlipayのアプリを起動し、表示されたQRコードを店舗側にタブレット端末で読み取ってもらうことにより決済ができる。

日本では2015年(平成27年)、iPadなどで利用できるPOS(販売時点情報管理)レジアプリ「Airレジ」がAlipay国際決済に対応している。


【例題】
問.
決済方法に関する【問題文A】から【問題文C】の内容として適切なものを、以下のアからエまでのうち1つ選びなさい。
【問題文A】「Alipay(アリペイ)」とは、韓国において、会員数、取扱規模でNo.1のクレジットカードのブランド。地理的に近い九州などでは、このブランドのカードを使える店も多くなっている。
【問題文B】「Coiney(コイニー)」とは、日本の企業が提供する、スマートフォンやタブレットによるクレジットカードの決済サービス。カード対応が遅れている店では、Coineyによって対応するケースも多い。
【問題文C】「Square(スクエア)」とは、アメリカの企業が提供するモバイル決済サービス。スマートフォンやタブレットなどの端末に、ICカード対応のSquareリーダーを差し込むことで、クレジットカード決済が利用できる。
ア.A のみ誤っている。
イ.B のみ誤っている。
ウ.C のみ誤っている。
エ.すべて正しい。

解答:ア

問題文Aは新韓カードの説明である。「Alipay(アリペイ)」は、タオバオをはじめとした中国のECサイトで利用され、中国モバイル決済において多くのシェアとユーザーを保持する、オンライン決済サービスである。


ƒS̕
CoEhXN[

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますので、御社の様式に合わせてご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

ASAHIWeekly

インバウンドスクール

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ