【OTA】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

OTA -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第5課題 インバウンドとビジネス

OTA

OTAはインターネット上だけで取引を行う旅行会社のこと。店舗営業している旅行会社が行っているオンライン販売はOTAにあてはまらない。Online Travel Agentの略。

旅行会社が宿泊施設・航空券を用意する手配旅行、旅行者が宿泊施設・航空券を選べるダイナミックパッケージはOTAの代表的な旅行商品である。また、OTAには従来の旅行業者以外からの参入もあり、旅行商品を比較・販売する検索サイトが登場するなど、新たなサービスが生まれている。

インターネット上で24時間、世界中の旅行者と宿泊施設などを容易に結びつけるOTAは、海外旅行者の予約手段の一つとして定着している。

オンライン取引なので国境の概念はなく、Booking.com、Expedia、Agoda、TripAdvisorなど大手海外OTAが大きなシェアを持っている。日本のOTAには、JAPANiCAN、楽天トラベル、じゃらんnet、MAPPLEトラベルなどがある。



ƒS̕
CoEhXN[

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

インバウンド実務主任者とは

ASAHIWeekly

インバウンドスクール

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ