【PDCA】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

PDCA -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第5課題 インバウンドとビジネス

PDCA

事業・業務活動のプロセスを管理するマネジメント手法の一つ。PDCAサイクルとも呼ばれる。

PDCAは事業・業務活動のそれぞれの段階で行う管理項目の頭文字を取ったものである。

「P」は計画する。(Plan)

「D」は実行する。(Do)

「C」は検証する。(Check)

「A」は改善する。(Action)

PDCAに基づき、ある事業・業務内で4つの管理項目を繰り返し行うことで、段階的に業務効率や質を向上させることが出来る。インバウンドビジネスにおいてもPDCAの実行は効果的であり、「C」と「A」はとくに重要である。

訪日外国人旅行者の目線に立ちながら、提供する旅行商品・サービスや仕組みを管理し、PDCAを繰り返し実行していくことで、旅行商品・サービスの質を向上させることができる。



ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ