【レンタカー】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

レンタカー -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第5課題 インバウンドとビジネス

レンタカー

近年では訪日外国人旅行者の移動手段の一つとしてレンタカーの利用が増えている。

2015年度、北海道では41,361件の訪日外国人旅行者のレンタカー利用があった。香港、台湾、韓国などアジア圏からのシェアが特に高く、全体の80%を占めた。一方、沖縄県では、北海道と比べて公共交通機関があまり発達していないため、車での移動は必須であり、北海道の約3倍になる133,318件の訪日外国人旅行者によるレンタカー利用が記録された。そのうち全体の90%以上がアジア圏からだった。他県の利用数も加算すると、およそ20万件以上の訪日外国人旅行者によるレンタカー利用が推測できる。

国土交通省北海道運輸局は、北海道をレンタカーで旅行する訪日外国人旅行のドライバーに、安全・安心・快適にドライブ観光を楽しんでもらうことを目的に「北海道ドライブまるわかりハンドブック」を作成した。大手レンタカー業界でも訪日外国人旅行者用のガイドブックを作成している。また、多言語カーナビゲーションの提供も始めている。

NEXCO東日本では、高速道路を利用する訪日外国人観光客向けの通行料金割引サービス「Hokkaido Expressway Pass」を提供している。また、JTBとNEXCO中日本は、外国人旅行者向けにレンタカーと高速道路乗り放題パスを発売した。


【例題】
問.
以下のアからエまでのうち、インバウンドと自動車に関する【問題文A】および【問題文B】の正誤の組合せとして適切なものを1つ選びなさい。
【問題文A】訪日外国人旅行者の増加によって、タクシーの需要は高まっているが料金の高さが敬遠される傾向にある。その対策の一環として、2017年(平成29年)1月には全国のタクシーの深夜・早朝割増料金の引き下げが行われた。
【問題文B】訪日外国人旅行者の日本国内におけるレンタカーの利用は国・地域によって差がある。香港人はレンタカーの利用を好む傾向にあるが、中国人は制度上日本では自動車運転することができない。
ア.A=○ B=○
イ.A=○ B=×
ウ.A=× B=○
エ.A=× B=×

解答:ウ

2017年1月には東京のタクシーの初乗り料金が引き下げられた。


ƒS̕
CoEhXN[

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますので、御社の様式に合わせてご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

ASAHIWeekly

インバウンドスクール

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ