【観光土産店】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

観光土産店 -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第5課題 インバウンドとビジネス

観光土産店

土産は、旅行先で家族や友人・知人に配る目的で買い求めるその土地にちなむ品物のことである。「土産」は元来、「どさん」または「とさん」と読む漢語で、「土地の産物」を意味する。

観光土産店とは、主に観光目的の旅行者に対して、土産品を販売する店のことである。いわゆる観光地や観光施設の内外とその周辺、それらのアクセスポイントとなる鉄道駅や空港、港など交通機関のターミナル施設に立地する。多くの旅行者を集める観光地では、土産店が軒を連ねることが多い。地域において、土産の製造・販売は地域経済において大きな比重を持っている。

土産として、その地域に関わりのある土産菓子、農水産物、加工品、民芸品、工芸品などがある。通常はその土地の名産品、特産品が多い。

インバウンドにおいては、東京、大阪などの大都市自体も観光地と認識され、各国・地域の旅行者専用の総合土産店もあり、その国の言葉で買い物ができ、団体で訪れている。

また、実際にはデパート、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストア、家電量販店、100円ショップ、ディスカウントショップなど、日本人が日常に利用する場所が訪日外国人旅行者の土産購入場所になっている。



ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ