【デパート】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

デパート -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第5課題 インバウンドとビジネス

デパート

デパート各社はインバウンド対策を強化している。免税カウンターの拡大や移設をはじめ、外貨両替機や無料Wi-Fiの設置、通訳スタッフの増員、メイド・イン・ジャパンにフィーチャーしたプロモーションなどを実施している。これらの強化によりデパート各社の売上高は、日本人客の売上が高まらない中、外国人旅行者の購入が押し上げてきた。

転機となったのが2014年、これまで家電や衣料品などに限定していた免税対象商品が化粧品や食料品にも拡大したからだ。2015年は中国人旅行者の「爆買い」が社会現象化し、実際大きな売上げとなったが、2016年には沈静化した。そのため、訪日外国人の固定客化に注力し始めている。


【例題】
問.
以下のアからエまでのうち、訪日外国人旅行者が利用した買い物場所に関する次の文章および表中の(  )に入る最も適切な語句の組合せを1つ選びなさい。

観光・レジャー目的の訪日外国人旅行者が利用した買い物場所を国・地域別に見ると、高級品志向の( a )よりも( b )、( c )の回答率が高いところが多い。( b )は日本各地に展開する利便性のため、( c )は日本製の品質が評価されて人気の化粧品、医薬品・健康グッズなどが求められているためと思われる。

ア.a.百貨店・デパート
b.コンビニエンスストア
c.ドラッグストア
イ.a.ドラッグストア
b.コンビニエンスストア
c.百貨店・デパート
ウ.a.百貨店・デパート
b.ドラッグストア
c.コンビニエンスストア
エ.a.ドラッグストア
b.百貨店・デパート
c.コンビニエンスストア

解答:ア

あくまでも傾向ではあるが、国・地域別の買い物場所の嗜好は知っておきたい。


ƒS̕
CoEhXN[

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

インバウンド実務主任者とは

ASAHIWeekly

インバウンドスクール

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ