【観光案内所】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

観光案内所 -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第5課題 インバウンドとビジネス

観光案内所

観光案内所とは、観光地、鉄道駅、空港などで旅行者に無償で観光情報を提供する場所。外国人旅行者向けには「ツーリストインフォメーションセンター(Tourist Information Center)」と表示されることが多い。外国人旅行者の多い地域では、外国語が話せるスタッフの配置などの多言語対応が進められている。運営は、当該の市町村が直接運営しているところ、観光協会などに委託して運営している場合がある。

一般的なサービス内容は、当該地域の観光情報の提供、宿泊予約サービス、劇場・博物館・美術館などのチケット販売・観光バス、観光ツアーの予約、乗車券販売、その他に外国通貨の両替所、土産物販売、レンタサイクルの貸し出しなどを行っている。

また、日本政府観光局(JNTO)では、外国人観光案内所の認定制度を運用している。JNTOでは、外国語ウェブサイトや海外事務所を通じてJNTO認定外国人観光案内所ネットワークの情報を海外にPRし、外国人旅行者の利用を促進している。

認定区分(カテゴリー)は次のようになっている。

・カテゴリー1 常駐でなくとも何らかの方法で英語対応可能。地域の案内を提供。

・カテゴリー2 少なくとも英語で対応可能なスタッフが常駐。広域の案内を提供。

・カテゴリー3 常時英語による対応が可能。英語を除く2つ以上の言語での案内が常時可能な体制がある。全国レベルの観光案内を提供。原則年中無休。Wi-Fi あり。ゲートウェイや外国人来訪者の多い立地。

・パートナー施設 観光案内を専業としない施設であっても、外国人旅行者を積極的に受け入れる意欲があり、公平・中立な立場で地域の案内を提供。


【例題】
問.
観光に関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.観光案内所とは、観光地、鉄道駅、空港などで旅行者に無償で観光情報を提供する場所のことである。
イ.日本の観光案内所は、外国人旅行者にとって場所が分かりにくい、必要な情報が提供されていないなど、さまざまな課題を抱えており、質の向上に取組み、設置数の増加を図ることが求められている。
ウ.日本政府観光局(JNTO)の外国人観光案内所認定制度では、常時多言語の対応が可能な「カテゴリー1」から常駐でなくとも何らかの方法で英語対応が可能な「カテゴリー3」までの認定区分を行っている。
エ.旅行者が移動中に大きな荷物を持ち運ぶ不便を解消するために宅配サービスを活用して荷物を一時預かり、指定の場所への配送を行う「手ぶら観光」の普及が推進されている。

解答:ウ

外国人観光案内所認定制度では、認定区分(カテゴリー)は以下のようになっている。

・カテゴリー3 :常時英語による対応が可能。英語を除く2つ以上の言語での案内が常時可能な体制がある。国レベルの観光案内を提供。原則年中無休。Wi-Fi あり。ゲートウェイや外国人来訪者の多い立地。

・カテゴリー2 :少なくとも英語で対応可能なスタッフが常駐。広域の案内を提供。

・カテゴリー1 :常駐でなくとも何らかの方法で英語対応可能。地域の案内を提供。


ƒS̕
CoEhXN[

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますので、御社の様式に合わせてご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

ASAHIWeekly

インバウンドスクール

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ