【通訳ガイド】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

通訳ガイド -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第5課題 インバウンドとビジネス

通訳ガイド

通訳ガイドの業務は基本的には「通訳案内士」が行う。通訳案内士とは、有償での外国語ガイドが可能となる資格で、他国語の語学力はもとより、日本の地理や歴史から産業、経済、および文化に至るまで幅広い知識と素養を要する国家資格である。

通訳案内士法の改正により、通訳案内士資格については業務独占から名称独占へと規制が見直され、幅広い主体による通訳ガイドが可能となった。また、通訳案内士については、全国対応のガイドである「全国通訳案内士」に加えて、地域に特化したガイドである「地域通訳案内士」の資格制度が創設された。全国通訳案内士に対しては定期的な研修の受講を義務づけ、質の向上を図っている。



ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ