【エコツーリズム】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

エコツーリズム -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第6課題 インバウンドとニューツーリズム

エコツーリズム

Ecotourism 自然・歴史・文化など地域固有の資源を生かした観光を成立させること、観光によってそれらの資源が損なわれることがないよう適切な管理に基づく保護・保全を図ること、地域資源の健全な存続による地域経済への波及効果を実現させることをねらいとする、資源の保護、観光業の成立、地域振興の融合を目指す観光の考え方のこと。

地域固有の資源とは、自然だけでなく歴史や文化、生活も含まれる。旅行者に魅力的な地域資源との触れ合いの機会が永続的に提供され、地域の暮らしが安定し、資源が守られていくことを目的とする。これから求められる「地域への責任ある旅行」であり「持続可能な観光」の代表格と言える。

エコツアーとは、エコツーリズムの理念や考え方を実践するためのツアーであり、日本においては、自然だけでなく、地域ごとの個性的な歴史や文化もツアーの魅力の大きな要素となる。優れた自然の中を探訪するツアーだけではなく、生活文化を題材としたような体験ツアーもエコツアーの範疇である。こうした活動を国が支援する「エコツーリズム推進法」が2007年に可決され、翌年より施行されている。

欧米の旅行者を中心に、豊かな自然があり特異な文化風土が味わえる日本のエコツーリズムは強い興味を抱かれている。多言語で発信している地域のエコツーリズムのサイトが増えている。


【例題】
問.
以下のアからエまでのうち、エコツーリズムに関する次の文章中の(  )に入る最も適切な語句の組合せを1つ選びなさい。

エコツーリズムとは、自然・歴史・文化など( a )を生かし観光を成立させること、観光によってそれらの資源が損なわれることがないよう適切な管理に基づく( b )を図ること、地域資源の健全な存続による地域経済への波及効果が実現することをねらいとする、資源の保護、観光業の成立、( c )の融合をめざす観光の考え方である。

ア.a.人類普遍の遺産b.保護・保全
c.環境保全
イ.a.地域固有の資源b.成長・発展
c.環境保全
ウ.a.人類普遍の遺産b.成長・発展
c.地域振興
エ.a.地域固有の資源b.保護・保全
c.地域振興

解答:エ

観光によって地域固有の資源が損なわれないように保護・保全を図った上で、観光を成立させることが、エコツーリズムのポイントである。


ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ