【香港人の訪日旅行トレンド】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

香港人の訪日旅行トレンド -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第7課題 訪日外国人の理解

香港人の訪日旅行トレンド

・海外旅行が好きで、年に1回は必ず海外旅行する人が多い。

・個人主義的な傾向が強く、団体ツアーの利用率は低い。

・個人手配で家族・親族とともにグループで訪日する人が多い。

・20~30代の若い人が多いが各年代も満遍なく訪日旅行者がいる。

・日本の雪や桜、紅葉などの四季が感じられる自然とグルメを楽しむ。

・好奇心が旺盛で、農業体験やエコツアーの人気が高まっている。

・北海道、沖縄などレンタカーを利用して移動するケースも多い。

・2月頃の春節(旧正月)、10月の国慶節に加え、キリスト教徒のイースター(復活祭)、クリスマス休暇があり訪日旅行を楽しむ。



ƒS̕
CoEhXN[

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますので、御社の様式に合わせてご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

ASAHIWeekly

インバウンドスクール

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ