【指差し会話シート】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

指差し会話シート -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第8課題 訪日外国人への対応

指差し会話シート

外国語で言葉が通じない際などに、最低限度のコミュニケーションを指差しで補助する多言語会話ツール。

指差し会話シートには、主に想定される問答、使用頻度の高い単語、会話の中で使われる可能性のある単語と数字、イラストなどを配置しており、それらを指で差しながら使用する。

指差し会話シートは、市販されているものやアプリなどのほか、自治体などでも作成されており、ホームページから無料でダウンロードできるものもある。指差し会話シートを使用する際には、シートを使用する状況や場所にあった内容や言語のシートを選択する、もしくはそれぞれの地域・施設などでオリジナルのものを作成・使用すると効果的である。


【例題】
問.
多言語対応に関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.入力した文章や発した音声を他の言語に変換する翻訳アプリが増えている。
イ.GPSの位置情報を利用して、さまざまな情報を多言語で旅行者に提供する観光音声ガイドサービスが登場している。
ウ.訪日外国人旅行者は積極的に観光地や観光施設のホームページを検索しているため、ホームページを多言語化することは集客につながる。
エ.指差し会話シートは6つの点の組合せからなる文字が記載され、指の触覚により読み取ることができるシートのことである。

解答:エ

選択肢エは点字の説明。指差し会話シートは外国語で言葉が通じない際などに、最低限度のコミュニケーションを指差しで補助する多言語会話ツール。シートに日本語と外国語をイラストとともに記載し、それを指で差してコミュニケーションを図る。


ƒS̕
CoEhXN[

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

インバウンド実務主任者とは

ASAHIWeekly

インバウンドスクール

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ