【Wi-Fiルーター】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

Wi-Fiルーター -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第8課題 訪日外国人への対応

Wi-Fiルーター

タブレットやノートパソコンなど各端末を無線でインターネットに接続するための機器。

Wi-Fiルーターには、据え置きタイプとモバイルタイプの2種類がある。

一般的な据え置きタイプのWi-Fiルーターは、コンセントに接続し、固定回線にLANケーブルでつないで使用する。一般家庭や宿泊施設などで利用されているものがそれに当たる。

一方、一般的なモバイルタイプのWi-Fiルーターは、バッテリーを内蔵しているため持ち運び可能で、屋内外問わず電波さえ届けばどこでも利用できる。以前は、バッテリーがあまり持続しないことが難点だったが、予備バッテリーのレンタルや商品の刷新などで改善されつつあり、訪日外国人旅行者などの通信手段として需要が増えている。

近年では、訪日外国人旅行者の満足度向上や誘致促進のために、SIMカード・モバイルWi-Fiルーター利用促進キャンペーン事業、モバイルWi-Fiルーターの無料レンタル、電波の届きにくい観光スポットなどへのWi-Fi機能付き自動販売機の導入など、通信環境の改善を目的とした、さまざまな取組みやサービスが提供されている。

政府は主要な観光拠点に対してWi-Fiフリースポットの整備促進やSIMカード・モバイルWi-Fiルーターの利用促進に取組んでおり、相互補完的に通信環境全体の改善を図っている。


【例題】
問.
以下のアからエまでのうち、インバウンドの通信環境に関する文章および図中の(  )に入る最も適切な語句の組合せを1つ選びなさい。

2016年(平成28年)秋の訪日外国人旅行者へのアンケート調査によると、日本で利用した通信手段で最も多かったのは( a )であるが、「利用したかったが利用できなかった」の回答も多い点が注目される。続いてレンタルサービスの普及が進められている( b )、端末の設定を変えるだけで特別な機器の準備が不要な( c )の順番になっている。

ア.a.モバイルWi-Fiルーター
b.国際ローミング
c.無料公衆無線LAN
イ.a.無料公衆無線LAN
b.国際ローミング
c.モバイルWi-Fiルーター
ウ.a.モバイルWi-Fiルーター
b.無料公衆無線LAN
c.国際ローミング
エ.a.無料公衆無線LAN
b.モバイルWi-Fiルーター
c.国際ローミング

解答:エ

同アンケートの別項目では、日本の無料公衆無線LAN環境について、前回の訪日時と比べて「かなり改善している」「多少改善している」の割合は計60.5%であった。


ƒS̕
CoEhXN[

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

インバウンド実務主任者とは

ASAHIWeekly

インバウンドスクール

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ