【Facebook(フェイスブック)】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

Facebook(フェイスブック) -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第9課題 インバウンドの集客

Facebook(フェイスブック)

Facebook, Inc.が運営する世界最大級のSNS。FBとも略される。

Facebookの個人アカウントは実名登録が原則で、学歴・職歴、出身地、勤務先といった個人情報を登録する利用者が多い。ユーザーは文章や動画をFacebook上に投稿することで、自ら情報を発信するだけでなく、他のユーザーの投稿に対して、反応を示す「いいね!」や記事の「シェア」機能による情報共有が可能である。

個人のアカウントとは別に、企業や団体が作成することができるアカウントがあり、それを「Facebookページ」という。Facebookページは複数の個人アカウントを管理者として設定可能で、投稿による情報の発信だけでなく、Facebookでの広告掲載やページのアクセス解析ができる。Facebookページを利用することで、文章・動画による紹介と効果測定だけでなく、双方向メディアであるSNSの機能を生かしたファンとの交流ができる。

Facebook利用者は欧米だけでなく、中国を除くアジアにも広がり、月間アクティブユーザー数は18億6,000万人(2016年12月)にものぼる。

国外の外国人ユーザーに日本の魅力を発信するだけでなく、訪日中のユーザーに向けたイベントやキャンペーンをタイムリーに発信することで、Facebookは訪日外国人旅行者を集客するための有力なツールになる。


【例題】
問.
Facebookページに関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.Facebookページは個人アカウントとは別に、企業や団体などが作成できるアカウント(ページ)のことを指す。
イ.Facebookページは複数の個人アカウントから管理することが可能で、権限の範囲により管理者・編集者・モデレータなどに役割が分かれている。
ウ.Facebookページは個人アカウントからのメッセージを受け付けていないなど、文章・動画の投稿などの情報発信に特化している。
エ.Facebookページにはアクセス解析ツールが用意されており、ページにアクセスしたユーザーの情報などを分析することができる。

解答:ウ

Facebookページではウォール上のやり取りのほか、個人アカウントとのメッセージのやり取りも可能である。Facebookページでは投稿やアクセス解析、双方向メディアであるSNSの機能を生かしたファンとの交流に期待ができる。


ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ