【Yelp】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

Yelp -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第9課題 インバウンドの集客

Yelp

アメリカのYelp, Inc.が運営する、レストラン、ホテル、ショッピングセンター、病院など、住所のある場所なら何でもレビューできるクチコミサイト。総レビュー数は1億2,100万件(2016年)となっている。

日本では2014年(平成26年)からYelpのサービスが開始された。ユーザーは日本全国のさまざまな場所に対し、レビュー、写真、ビデオ、一口メモなどのコンテンツを投稿することができる。また、ビジネスオーナーはビジネスオーナー専用サイトから、自社のページでプロフィールの追加、ページ閲覧数の確認、レビューへの返信などができる。


【例題】
問.
クチコミサイトについて以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.店、ホテルなどの施設に対する評価や感想をユーザーが投稿して、情報を共有するインターネット上のサイトのことを、「クチコミサイト」という。
イ.TripAdvisor(トリップアドバイザー)はホテル、レストラン、観光名所など旅行に関する施設の情報が掲載され、ユーザーが投稿、情報共有する世界最大のクチコミサイトである。
ウ.Yelp(イェルプ)は中国で人気のクチコミ情報サイトで、観光施設以外にも住所のある施設は何でも投稿することができる。
エ.外国人旅行者はクチコミサイトの情報を見て宿泊施設を決めることが多いため、インバウンドの集客にはクチコミサイトを活用することが重要である。

解答:ウ

Yelp(イェルプ)はアメリカで人気のクチコミ情報サイトである。


ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ