【グランドツアー】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

グランドツアー -インバウンド用語集-

今回だけ 2つで応援

「GO TO 資格」 キャンペーン

(1) SMART合格講座 → 5,000円割引

  • ①ビデオ学習 ②SMARTビデオ答練 ③WEB実戦模試、3つの直前学習で飛躍的な合格率アップを目指します
  • (2) WEB模擬テスト3,000円が → 1,000円で受験

    (100円模試の募集は11日で終了、今後は1,000円で受験できます)

  • 前回・前々回に出題された問題を利用したWEB模擬テストで実践力UPを目指します。
  • ※GOTO資格キャンペーンの「対策模擬テスト100円申込み」は11月11日に終了しています。

    詳細はこちら

    【お知らせ】

    【オンラインライブ検定とは】下記の項目をクリックして下さい(該当箇所にジャンプします)


    外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

    >>> 詳細はこちら


    第1課題 観光総論

    グランドツアー

    グランドツアーとは、17世紀末から18世紀にかけて、イギリスの貴族や豊かな上流階級の子弟の学業の修了時に、国際人としての教養を身につけるために行われたヨーロッパ大陸への旅行のことである。ヨーロッパ大陸周遊修学旅行とも言われ、当時盛んに行われた。自らの意思で自発的に行われた旅行で、その意味で「近代旅行の始まり」と位置づけられる。


    【例題】
    問.
    外国の観光の歴史に関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
    ア.20世紀前半に豪華大型客船の時代となり、大洋を渡る定期航路のオーシャンライナーが欧米の富裕層に人気を博した。
    イ.1936年、フランスで世界初のバカンス法が制定され、すべての労働者に2週間の有給休暇が義務付けられた。
    ウ.1841年、トーマス・クックは貸し切り列車による禁酒運動大会への旅を実施し、これが現在の団体旅行・パッケージツアーの原型となった。
    エ.第二次世界大戦後、経済発展による大量生産・消費を背景に、富裕層に限られていた旅行が大衆化し、大量の旅行者を生み出したグランドツアーと呼ばれる現象が発生した。

    解答:エ

    選択肢エは、マスツーリズムの説明である。グランドツアーとは、17世紀末から18世紀にかけて、イギリスの貴族や裕福な上流階級の子弟の学業の修了時に、古典的教養の修得のために行ったヨーロッパ大陸への旅行のことである。

    第15回 インバウンド実務主任者認定試験
    連続チャレンジ
    キャンペーン

    連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
    1回で諦めないでください。

    申込期限 1月14日(木)

    連続して受験すると受験料10%割引

    >>お申込みはこちら

    ƒS̕

    申請書(個人用)

    インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

    会員募集中!!

    特典が多数

    インバウンド
    実務士会

    詳細は
    こちら

    学生さんページ

    就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

    >>詳細はこちら

    令和3年3月7日開催

    第25回

    マイナンバー実務検定

    お申込みはこちら

    ハラスメントから会社を護る

    第7回 令和3年1月31日開催
    認定ハラスメント相談員
    Ⅰ種試験

    申込期限:12月10日迄

    お申込みはこちら

    インバウンド実務主任者とは

    Japan.Shopping

    ASAHIWeekly

    #日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

    主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
    後援 : 角川アスキー総合研究所

    ↑ページトップへ