【観光立国】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

観光立国 -インバウンド用語集-

今回だけ 2つで応援

「GO TO 資格」 キャンペーン

(1) SMART合格講座 → 5,000円割引

  • ①ビデオ学習 ②SMARTビデオ答練 ③WEB実戦模試、3つの直前学習で飛躍的な合格率アップを目指します
  • (2) WEB模擬テスト3,000円が → 1,000円で受験

    (100円模試の募集は11日で終了、今後は1,000円で受験できます)

  • 前回・前々回に出題された問題を利用したWEB模擬テストで実践力UPを目指します。
  • ※GOTO資格キャンペーンの「対策模擬テスト100円申込み」は11月11日に終了しています。

    詳細はこちら

    【お知らせ】

    【オンラインライブ検定とは】下記の項目をクリックして下さい(該当箇所にジャンプします)


    外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

    >>> 詳細はこちら


    第1課題 観光総論

    観光立国

    観光立国とは、国内の特色ある自然景観、歴史的遺産、風土、都市、レジャー施設、食などさまざまな観光資源を整備して国内外の旅行者を誘致し、それによる経済効果を国の経済を支える基盤にすることである。

    すでに、多くの国が観光立国を謳い、観光省、観光局など専任機関を設置し、国民の旅行を促すとともに観光資源の開発・整備や観光ビジネスへの助成・規制を行うことで、特に大きな経済効果のある外国人旅行者の誘致に努めている。

    日本では長らく「観光」は国家的課題とみなされず、観光行政の位置づけは低かった。しかし、2003年(平成15年)、小泉純一郎首相のもと、日本国家として初めてとなる「観光立国宣言」を契機として、一挙に観光が国の大きな課題となり、その推進に向けて動き出した。国土交通大臣を観光立国担当大臣に任じたのもこの時である。

    2007年(平成19年)、それまで国の観光分野における基本の法律であった「観光基本法」(1963年施行)を全面改正し、「観光立国推進基本法」が制定された。さらに、2008年(平成20年)にその推進を担う「観光庁」が国土交通省の外局として新設された。


    【例題】
    問.
    以下のアからエまでのうち、日本の観光行政に関する【問題文A】および【問題文B】の正誤の組合せとして適切なものを1つ選びなさい。
    【問題文A】国内の特色ある自然景観、歴史的遺産、風土、都市、レジャー施設、食などさまざまな観光資源を整備して国内外の旅行者を誘致し、それによる経済効果を国の経済を支える基盤とすることを、観光立国という。
    【問題文B】国により観光立国が宣言され、観光が国家的戦略として位置づけられたことを受けて、国の観光行政を担う専管部署であり、国土交通省の外局として設置された機関を文化庁という。
    ア.A=○ B=○
    イ.A=○ B=×
    ウ.A=× B=○
    エ.A=× B=×

    解答:イ

    観光行政の専管部署であり、国土交通省の外局として設置された機関は観光庁である。

    第15回 インバウンド実務主任者認定試験
    連続チャレンジ
    キャンペーン

    連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
    1回で諦めないでください。

    申込期限 1月14日(木)

    連続して受験すると受験料10%割引

    >>お申込みはこちら

    ƒS̕

    申請書(個人用)

    インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

    会員募集中!!

    特典が多数

    インバウンド
    実務士会

    詳細は
    こちら

    学生さんページ

    就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

    >>詳細はこちら

    令和3年3月7日開催

    第25回

    マイナンバー実務検定

    お申込みはこちら

    ハラスメントから会社を護る

    第7回 令和3年1月31日開催
    認定ハラスメント相談員
    Ⅰ種試験

    申込期限:12月10日迄

    お申込みはこちら

    インバウンド実務主任者とは

    Japan.Shopping

    ASAHIWeekly

    #日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

    主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
    後援 : 角川アスキー総合研究所

    ↑ページトップへ