【観光立国推進基本計画】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

観光立国推進基本計画 -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第1課題 観光総論

観光立国推進基本計画

観光立国推進基本法の規定に基づき策定された、観光立国の実現に関する基本的な計画。同法施行は2007年(平成19年)1月で、観光立国推進基本計画は同年6月に発表された。内容は、観光立国の実現に関する施策についての基本的な方針、観光立国の実現に関する目標、観光立国の実現に関し、政府が総合的かつ計画的に講ずべき施策の3点が主となっている。

計画期間は5年とされており、2回目の計画が2012年(平成24年)3月に発表され、現在の計画は3回目として2017年(平成29年)3月に発表されたもので、主な内容は以下の通りである。

基本的な方針

(1)国民経済の発展、(2)国際相互理解の増進、(3)国民生活の安定向上、(4)災害、事故等のリスクへの備え

目標(目標年:2020年)

(1)国内観光の拡大・充実
国内旅行消費額:21兆円

(2)国際観光の拡大・充実
訪日外国人旅行者数:4,000万人
訪日外国人旅行消費額:8兆円
訪日外国人旅行者に占めるリピーター数:2,400万人
訪日外国人旅行者の地方部における延べ宿泊者数:7,000万人泊
アジア主要国における国際会議の開催件数に占める割合:3割以上・アジア最大の開催国

(3)国際相互交流の推進
日本人の海外旅行者数 2,000万人

なお、現在の計画期間は、前年に発表された「明日の日本を支える観光ビジョン」の目標年次等を踏まえ、2020年度までの4年間となっている。



ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

インバウンド実務士会

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

「令和」川柳コンテスト

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所

↑ページトップへ