【観光庁】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

観光庁 -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となりました。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第1課題 観光総論

観光庁

国土交通省に置かれる国の行政機関の一つ。略称「JTA」(Japan Tourism Agency)。

2003年(平成15年)の観光立国宣言によって、観光が日本の国家的戦略として位置づけられ、国の観光行政を担う専管部署として、2008年(平成20年)に国土交通省の外局として設置された。

観光立国の実現に向けて、魅力ある観光地の形成、国際観光の振興その他の観光に関する事務を行うことを任務とし、観光庁長官を長とする。

観光庁の主な所掌事務は以下の通りである。

・国際観光の振興に資する施策に関する基本的な政策の企画及び立案並びに推進に関すること。

・国際観光の振興に資する施策に関する関係行政機関の事務の調整に関すること。

・観光地及び観光施設の改善その他の観光の振興に関すること。

・旅行業、旅行業者代理業その他の所掌に係る観光事業の発達、改善及び調整に関すること。

・全国通訳案内士及び地域通訳案内士に関すること。

・ホテル及び旅館の登録に関すること。

観光庁は、毎年、観光の状況および政府が観光に関して講じた施策を「観光白書」として取りまとめ、国会に報告している。


【例題】
問.
以下の表は日本のインバウンドに関連するできごとを記したものである。表中の( a )に入る最も適切な文章を1つ選びなさい。

・1996年 「ウェルカムプラン21」策定

・2003年 「ビジット・ジャパン・キャンペーン」開始

・2007年 観光立国推進基本法施行

・2008年 (  a  )

・2013年 2020年東京オリンピック・パラリンピック開催決定

・2016年 「観光ビジョン実現プログラム2016」策定

・2020年 東京オリンピック・パラリンピック開催予定

ア.大阪府で万国博覧会が開催される
イ.愛知県で愛知万博(愛・地球博)が開催される
ウ.観光庁が新設される
エ.富士山が世界遺産に登録される

解答:ウ

観光立国が宣言され観光が重要な国家戦略と位置づけられ、日本の観光行政の専管部署として観光庁が設置された。


ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

インバウンド実務士会

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ