【旅館業法】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

旅館業法 -インバウンド用語集-

【オンラインライブ検定とは】下記の項目をクリックして下さい(該当箇所にジャンプします)


―こんな時代だから資格を取ろう―

「オンライン・De・資格」 キャンペーン

今回だけの特典

「インバウンド実務主任者」受験者を応援

SMART合格講座 試験と同時申込で → 

15,400円(税込)→9,900円(税込)
5,500円(税込)も割引になります。

SMART合格講座・試験の同時お申込みはこちら

※上記料金には受験料は含みません。

①SMART動画学習 ②SMART答練 ③SMART模擬テスト、3つの学習で飛躍的な合格率アップを目指します。


「試験お申込みサイト」と、学習用の「SMART合格講座サイト」(SMART動画・SMART答練)は、別のサイトのため連動しておりません。お手数ですが、SMART合格講座をお申込み後に試験会場の登録をお願いします。お申し込み完了画面内にある「会場を選択する」ボタンから試験会場の登録が行えます。


※なお、同時申込のSMART合格講座は、3年間有効で何度でも受講・受験ができます。

詳細はこちら

SMART合格講座


第1課題 観光総論

旅館業法

旅館業法とは、旅館業の業務の適正な運営を確保することにより、旅館業の健全な発達を図るとともに、旅館業の分野における利用者の需要の高度化および多様化に対応したサービスの提供を促進することを目的とする法律である。旅館業を経営しようとする者は、都道府県知事等の許可を受ける必要がある。

旅館業の営業種別は、従来ホテル営業、旅館営業、簡易宿所営業、下宿営業の4つに分類されていたが、2018年(平成30年)6月に施行された改正旅館業法で、ホテル営業と旅館営業が統合され、旅館・ホテル営業となった。この改正法では同時に違法な民泊サービスの広がり等を踏まえた無許可営業者等に対する規制の強化も行われた。民泊サービスを規定する住宅宿泊事業法と同時に施行されたこの改正法は、民泊サービスに関する両法の整合性、民泊サービスの普及促進を図るものといえる。


【例題】
問.
観光に係る法律に関する【問題文A】から【問題文C】の内容として適切なものを、以下のアからエまでのうち1つ選びなさい。
【問題文A】「国際観光ホテル整備法」は、ホテルその他の外客宿泊施設について登録制度などを実施するとともに、外客に対する登録ホテルなどに関する情報の提供を促進するなどの措置を講ずることで、国際観光の振興に寄与することを目的とする法律である。
【問題文B】「旅館業法」は、旅館業の健全な発達を図るとともに、旅館業における利用者の需要の高度化および多様化に対応したサービスの提供を促進し、公衆衛生・国民生活の向上に寄与することを目的とする法律である。
【問題文C】「観光圏整備法」は、日本における国際会議などの開催を増加させることが、外国人旅行者と国民との交流の促進につながるとして、国際会議などの誘致促進や開催の円滑化を図り、国際相互理解の増進に寄与することを目的とする法律である。
ア.A のみ誤っている。
イ.B のみ誤っている。
ウ.C のみ誤っている。
エ.すべて正しい。

解答:ウ

選択肢ウはコンベンション法(国際会議等の誘致の促進及び開催の円滑化等による国際観光の振興に関する法律)の説明である。観光圏整備法は観光地が広域的に連携した観光圏の整備および形成をめざし、観光圏整備計画の作成および実施について定めている。


ƒS̕

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

インバウンド実務主任者SMART合格講座

[スマホ講座]

今なら取れる

全情協

SMART合格講座

国家試験

著名検定

どこでも楽々

格安4,800円~

だれでも合格

SPIテスト
個人情報保護士
行政書士
宅建士
FP検定
ビジネス実務法務
マイナンバー実務
セキュリティ管理士・他

会員募集中!!

特典が多数

インバウンド
実務士会

詳細は
こちら

学生さんページ

就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

>>詳細はこちら

令和3年9月19日開催

第27回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

ハラスメントから会社を護る

第9回 令和3年7月25日開催
認定ハラスメント相談員
Ⅰ種試験

申込期限:6月17日迄

お申込みはこちら

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所

↑ページトップへ