【コンベンション法】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

コンベンション法 -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第1課題 観光総論

コンベンション法

コンベンション法とは、国際観光交流を拡大する方策として、国際コンベンションを振興するための法律である。正式名称は、「国際会議等の誘致の促進及び開催の円滑化等による国際観光の振興に関する法律」。

コンベンション法の目的は、日本国内における国際会議などの開催を増加させるための誘致促進を図り、それに伴う観光その他の交流の機会を充実させることにある。国際会議の開催は、訪日外国人の会議参加者およびその同伴者、関係者の来訪により大きな経済効果があり、各国がその誘致にしのぎを削っている。

同法は、市町村からの申請に基づき、国際会議場施設、宿泊施設などのハード面やコンベンション・ビューローなどのソフト面での体制が整備されており、コンベンションの振興に適すると認められる市町村を、観光庁長官が国際会議観光都市として認定するとともに、当該都市に対して、JNTOが国際会議などの誘致及び開催支援などを行うこととしている。



ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ