【インバウンド(訪日外国人旅行)】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

インバウンド(訪日外国人旅行) -インバウンド用語集-

第9回 インバウンド実務主任者認定試験
連続チャレンジ
キャンペーン

連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
1回で諦めないでください。

申込期限 7月19日(金)

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第2課題 インバウンド総論

インバウンド(訪日外国人旅行)

インバウンド(inbound)とは、訪日外国人旅行のことで、日本以外に居住する外国人が日本を訪れ、日本国内を旅行することをいう。

近年、訪日外国人旅行者数が劇的に拡大し、インバウンドという言葉も一般化した。日本経済への影響も大きく、観光業界のみならずデパートや小売業をはじめ多くの業界から注目されるようになった。中国人旅行者の購買現象を表した「爆買い」が流行語となり、民泊が法的に規定されるなど、インバウンドの隆盛が新たな社会現象を生み出し、連日のようにメディアに取り上げられるようになった。このインバウンドのさらなる拡大が、観光立国宣言以降、日本のツーリズムの大きな課題となっている。


【例題】
問.
インバウンドの効果に関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.インバウンドを促進することは、幅広い産業に波及効果があり、国民の所得増大、雇用の拡大に寄与する。
イ.訪日外国人旅行者が日本で使う金額は「国際観光収入」と言われ、輸入ととらえることができる。
ウ.世界には国際観光収入がGDP(国内総生産)費目の上位を占め、主要な外貨収入源となっている国も多い。
エ.インバウンドの効果は、人の動きを活発化し、多くの分野でグローバル化が進むという国際的側面もある。

解答:イ

「国際観光収入」は、モノ、サービスを外国に売ったことによる収入であり、輸出ととらえることができる。


ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

インバウンド実務士会

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

令和記念特別 認定カード

8月開催試験限定

詳細はこちら

第2回

「令和」川柳コンテスト

作品募集中!

お申込みはこちら

2019年9月8日開催

第19回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

「令和」川柳コンテスト

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所

↑ページトップへ