インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

モバイル決済 -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となりました。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第4課題 インバウンドと消費

モバイル決済

店舗がスマートフォン、タブレットなどのモバイル機器を用いて、料金の決済を行うこと、またそのシステム。

クレジットカードを使用することが多い訪日外国人旅行者に対して、日本の小規模な小売店、飲食店ではカード対応ができない店舗が多い。クレジットカード会社との直接契約は、審査、端末を置く初期費用、手数料等で小規模な店舗には導入のハードルが高いといわれている。

近年、このような問題を解消する方法として、モバイル決済が普及しつつある。モバイル決済の運営の代表的な会社には、楽天ペイ、Square(スクエア)、AirPAY(エアペイ)、Coiny(コイニー)、mPOS(エムポス)などがある。店側は、カードリーダーの提供を受け、専用アプリをインストールしたスマートフォン、タブレットとカードリーダーを接続して、客のカードを読み取るスタイルが一般的である。専用の端末を準備する必要がないので、導入に際しての費用的、時間的なハードルが低いことが特長である。

また、訪日外国人、特に中国人旅行者は、クレジットカードを使用しないQR決済サービス(Alipay(アリペイ)、WeChatPayment(ウィーチャットペイメント))を利用することが非常に多くなっており、QR決済サービスにも対応することが、インバウンド向けの小売店、飲食業者には必要になる。前述のモバイル決済の運営会社はQR決済に対応するサービスの提供も行っている。会社、サービスにより対応するQR決済に違いがある(前述の中国系サービスに対応していない会社もある)ので、対象とする客層、国籍などを考慮して導入することが必要である。



ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

インバウンド実務士会

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ