【民泊】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

民泊 -インバウンド用語集-

【オンラインライブ検定とは】下記の項目をクリックして下さい(該当箇所にジャンプします)


「GO TO 資格」 キャンペーン

「インバウンド実務主任者」 令和3年5月受験者を応援

(1) SMART模擬テスト3,300円(税込)が → 試験申込者は無料で受験できます 試験のお申込みはこちら

  • 受験前に重要な過去問題や頻出問題を集めたSMART模擬テストを受験して実践力を付けて下さい。
  • ※受験登録は申込受付時に返信される受付メールに添付されたサイトにアクセスして申込みして下さい。申込みしないと無料受験できません。
    お申込み後3営業日以内に受験ID・パスワードを送付します。

    (2) SMART合格講座 試験と同時申込で → 6,050円(税込)割引 SMART合格講座・試験の同時お申込みはこちら

  • ①ビデオ学習 ②SMARTビデオ答練 ③SMART模擬テスト実戦模試、3つの学習で飛躍的な合格率アップを目指します。
  • ※同時申込者にはお申し込み後3営業日以内にSMART合格講座登録の案内をメールでご連絡します。
    メール案内に沿って登録をメールに添付されたサイトにアクセスして登録して下さい。


    詳細はこちら

    SMART合格講座

    外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

    >>> 詳細はこちら


    第5課題 インバウンドとビジネス

    民泊

    民泊とは、従来、単に民家に宿泊することを呼んでいたが、最近では、一般家庭などが空き部屋などに有料で旅行者を宿泊させることをいう。訪日外国人旅行者の増加により宿泊施設が不足する中で、インターネットを利用して部屋の貸し手と借り手を仲介する新たな民泊ビジネスが登場している。

    しかし、旅館業に当たる実態がありながら営業許可を得ていない貸し手が多いため、民泊サービスに対する新しい法律が作られた。いわゆる「民泊新法」である。「民泊新法(住宅宿泊事業法)」とは、訪日外国人旅行者が急増する中、多様化する宿泊ニーズに対応して普及が進む民泊サービスについて、その健全な普及を図るため、事業を実施する場合の一定のルールを定めた法律で、2018年6月に施行された。(【民泊新法】の項を参照)


    【例題】
    問.
    以下のアからエまでのうち、新しい宿泊サービスに関する次の文章の(  )に入る最も適切な語句の組合せを1つ選びなさい。

    2020年開催の東京オリンピック・パラリンピック時には宿泊施設の大幅な( a )が予測されることから、( b )サービスの普及が求められている。

    ア.a.増加b.民泊
    イ.a.不足b.民泊
    ウ.a.増加b.民宿
    エ.a.不足b.民宿

    解答:イ

    2020年開催の東京オリンピック・パラリンピック時に向けて民泊新法の整備が進められている。


    ƒS̕

    申請書(個人用)

    インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

    インバウンド実務主任者SMART合格講座

    [スマホ講座]

    今なら取れる

    全情協

    SMART合格講座

    国家試験

    著名検定

    どこでも楽々

    格安4,800円~

    だれでも合格

    SPIテスト
    個人情報保護士
    行政書士
    宅建士
    FP検定
    ビジネス実務法務
    マイナンバー実務
    セキュリティ管理士・他

    会員募集中!!

    特典が多数

    インバウンド
    実務士会

    詳細は
    こちら

    学生さんページ

    就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

    >>詳細はこちら

    令和3年6月20日開催

    第26回

    マイナンバー実務検定

    お申込みはこちら

    ハラスメントから会社を護る

    第8回 令和3年4月11日開催
    認定ハラスメント相談員
    Ⅰ種試験

    申込期限:3月4日迄

    お申込みはこちら

    インバウンド実務主任者とは

    Japan.Shopping

    ASAHIWeekly

    #日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

    主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
    後援 : 角川アスキー総合研究所

    ↑ページトップへ