【観光バス】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

観光バス -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となりました。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第5課題 インバウンドとビジネス

観光バス

インバウンドの急激な拡大に伴い、訪日外国人旅行者向けの観光バスの不足が深刻化している。2000年代以降に急増したアジアからの多くの旅行者が求めたのが安価な貸切バスであった。大手バス事業者はこの要望にこたえる供給数が見込めたものの、需要に応える価格設定では採算が合わないとして参入を見送ったため、中小バス事業者が受け皿とならざるを得なかった。これが観光バス不足を引き起こす原因であり、日本のインバウンドの構造的な問題となっている。

観光バスに関わるもう1つの問題が運転士不足である。バス運転士の数はこの10年間ほぼ横ばい状態で、高齢化も進んでいる。運転士が不足している理由の1つは、バスの運転に必要な大型2種免許の保有者数が少ないことにある。

その一方で、バス会社は、今までは週末やハイシーズン以外は稼働率が低かった貸切バスがインバウンド需要により平日でも稼働するようになり、売上げも大幅に上がっている。また、インバウンドの拡大とともに運送会社などが出資して新規参入するケースも増えてきている。

インバウンド需要の取り込みの中で、豪華観光バスが登場している。大型観光バスは通常4列45席程度あるが、3列シート、さらに全10席などのものも登場している。座席は革張り、各席には映画などが見られるモニターが設置されシャワートイレが備えられているもの、無料Wi-Fiがあるものなど進化している。



ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

インバウンド実務士会

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ