【観光案内所】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

観光案内所 -インバウンド用語集-

【オンラインライブ検定とは】下記の項目をクリックして下さい(該当箇所にジャンプします)


「GO TO 資格」 キャンペーン

「インバウンド実務主任者」 令和3年5月受験者を応援

(1) SMART模擬テスト3,300円(税込)が → 試験申込者は無料で受験できます 試験のお申込みはこちら

  • 受験前に重要な過去問題や頻出問題を集めたSMART模擬テストを受験して実践力を付けて下さい。
  • ※受験登録は申込受付時に返信される受付メールに添付されたサイトにアクセスして申込みして下さい。申込みしないと無料受験できません。
    お申込み後3営業日以内に受験ID・パスワードを送付します。

    (2) SMART合格講座 試験と同時申込で → 6,050円(税込)割引 SMART合格講座・試験の同時お申込みはこちら

  • ①ビデオ学習 ②SMARTビデオ答練 ③SMART模擬テスト実戦模試、3つの学習で飛躍的な合格率アップを目指します。
  • ※同時申込者にはお申し込み後3営業日以内にSMART合格講座登録の案内をメールでご連絡します。
    メール案内に沿って登録をメールに添付されたサイトにアクセスして登録して下さい。


    詳細はこちら

    SMART合格講座

    外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

    >>> 詳細はこちら


    第5課題 インバウンドとビジネス

    観光案内所

    観光案内所とは、観光地、鉄道駅、空港などで旅行者に無償で観光情報を提供する場所のことである。外国人旅行者向けには「ツーリストインフォメーションセンター(Tourist Information Center)」と表示されることが多い。外国人旅行者の多い地域では、外国語を話すことができるスタッフを配置するなどの多言語対応が進められている。当該の市町村が直接運営しているところと、観光協会などに委託して運営しているところとがある。

    一般的なサービス内容は、当該地域の観光情報の提供、宿泊予約サービス、劇場・博物館・美術館などのチケット販売・観光バス、観光ツアーの予約、乗車券販売、その他に外国通貨の両替所、土産物販売、レンタサイクルの貸し出しなどを行っている。

    また、日本政府観光局(JNTO)では、外国人観光案内所の認定制度を運用している。JNTOでは、外国語ウェブサイトや海外事務所を通じてJNTO認定外国人観光案内所ネットワークの情報を海外にPRし、外国人旅行者の利用を促進している。

    認定区分(カテゴリー)は次のようになっている。

    ・カテゴリー1 常駐でなくとも何らかの方法で英語対応可能。地域の案内を提供。

    ・カテゴリー2 少なくとも英語で対応可能なスタッフが常駐。広域の案内を提供。

    ・カテゴリー3 常時英語による対応が可能。英語を除く2つ以上の言語での案内が常時可能な体制がある。全国レベルの観光案内を提供。原則年中無休。Wi-Fiあり。ゲートウェイや外国人来訪者の多い立地。

    ・パートナー施設 観光案内を専業としない施設であっても、外国人旅行者を積極的に受け入れる意欲があり、公平・中立な立場で地域の案内を提供。


    【例題】
    問.
    観光に関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
    ア.観光案内所とは、観光地、鉄道駅、空港などで旅行者に無償で観光情報を提供する場所のことである。
    イ.日本の観光案内所は、外国人旅行者にとって場所が分かりにくい、必要な情報が提供されていないなど、さまざまな課題を抱えており、質の向上に取組み、設置数の増加を図ることが求められている。
    ウ.日本政府観光局(JNTO)の外国人観光案内所認定制度では、常時多言語の対応が可能な「カテゴリー1」から常駐でなくとも何らかの方法で英語対応が可能な「カテゴリー3」までの認定区分を行っている。
    エ.旅行者が移動中に大きな荷物を持ち運ぶ不便を解消するために宅配サービスを活用して荷物を一時預かり、指定の場所への配送を行う「手ぶら観光」の普及が推進されている。

    解答:ウ

    外国人観光案内所認定制度では、認定区分(カテゴリー)は以下のようになっている。

    ・カテゴリー3 :常時英語による対応が可能。英語を除く2つ以上の言語での案内が常時可能な体制がある。国レベルの観光案内を提供。原則年中無休。Wi-Fi あり。ゲートウェイや外国人来訪者の多い立地。

    ・カテゴリー2 :少なくとも英語で対応可能なスタッフが常駐。広域の案内を提供。

    ・カテゴリー1 :常駐でなくとも何らかの方法で英語対応可能。地域の案内を提供。


    ƒS̕

    申請書(個人用)

    インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

    インバウンド実務主任者SMART合格講座

    [スマホ講座]

    今なら取れる

    全情協

    SMART合格講座

    国家試験

    著名検定

    どこでも楽々

    格安4,800円~

    だれでも合格

    SPIテスト
    個人情報保護士
    行政書士
    宅建士
    FP検定
    ビジネス実務法務
    マイナンバー実務
    セキュリティ管理士・他

    会員募集中!!

    特典が多数

    インバウンド
    実務士会

    詳細は
    こちら

    学生さんページ

    就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

    >>詳細はこちら

    令和3年6月20日開催

    第26回

    マイナンバー実務検定

    お申込みはこちら

    ハラスメントから会社を護る

    第8回 令和3年4月11日開催
    認定ハラスメント相談員
    Ⅰ種試験

    申込期限:3月4日迄

    お申込みはこちら

    インバウンド実務主任者とは

    Japan.Shopping

    ASAHIWeekly

    #日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

    主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
    後援 : 角川アスキー総合研究所

    ↑ページトップへ