【ニューツーリズム】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

ニューツーリズム -インバウンド用語集-

今回だけ 2つで応援

「GO TO 資格」 キャンペーン

(1) SMART合格講座 → 5,000円割引

  • ①ビデオ学習 ②SMARTビデオ答練 ③WEB実戦模試、3つの直前学習で飛躍的な合格率アップを目指します
  • (2) WEB模擬テスト3,000円が → 1,000円で受験

  • 過去に出題された問題を利用したWEB模擬テストで実践力UPを目指します。
  • 詳細はこちら

    【お知らせ】

    【オンラインライブ検定とは】下記の項目をクリックして下さい(該当箇所にジャンプします)


    インバウンド試験を受験の方なら無料!

    詳細はこちら

    講演会

    アフターコロナのインバウンド対策

    令和3年1月28日(木)・2月26日(金)開催

    《オンライン開催》

    詳細はこちら

    SMART合格講座

    外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

    >>> 詳細はこちら


    第6課題 インバウンドとニューツーリズム

    ニューツーリズム

    New Tourism 1990年代に生まれた、新しいスタイルの旅行の総称。

    従来の物見遊山的な観光旅行に対して、テーマ性が強く、人や自然との触れ合いなど体験的、交流的要素を取り入れた新しいタイプの旅行を指す。旅行商品化においても都市部の旅行会社主導でなく、地域主導で地域特性を生かすことが重要視される。その意味でニューツーリズムは地域活性化につながる新しい旅行の仕組み全体を指すこともある。

    インバウンドにおいて、リピーターを中心に日本の観光の中で体験を求める傾向が強まっている。ニューツーリズムは訪日外国人旅行者の新しいニーズに応える旅行スタイルといえる。すでに、各地域で、今後ますます増加する訪日外国人需要を取り込むべく、ニューツーリズム関連のさまざまな観光資源を活用した着地型の滞在プログラムの企画・造成に取組んでいる。


    【例題】
    問.
    ニューツーリズムに関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
    ア.従来の観光では対象とされていなかった資源・場所の魅力を活用して、テーマ性の高い体験、交流を伴う旅行スタイルのことをニューツーリズムという。
    イ.ニューツーリズムは、主に旅行会社が主導する大量消費型の旅行スタイルに飽き足りない旅行者のニーズを背景として生まれたスタイルである。
    ウ.ニューツーリズムの概念は多種多様であり各地で乱立しがちなので、都道府県単位でどのような活動を行うか計画し、その指示に市町村が従う形が望ましい。
    エ.ニューツーリズムは、大都市以外の地方に訪日外国人旅行者を誘導する有力な手段になるが、その魅力を伝える情報発信、受け入れ体制の整備などが必須である。

    解答:ウ

    ニューツーリズムの考え方は地域主導の旅行創成が必要であり、市町村およびその住民の主体的な活動が求められる。


    ƒS̕

    申請書(個人用)

    インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

    [スマホ講座]

    今なら取れる

    全情協

    SMART合格講座

    国家試験

    著名検定

    どこでも楽々

    格安4,800円~

    だれでも合格

    SPIテスト
    個人情報保護士
    行政書士
    宅建士
    FP検定
    ビジネス実務法務
    マイナンバー実務
    セキュリティ管理士・他

    会員募集中!!

    特典が多数

    インバウンド
    実務士会

    詳細は
    こちら

    学生さんページ

    就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

    >>詳細はこちら

    令和3年3月7日開催

    第25回

    マイナンバー実務検定

    お申込みはこちら

    ハラスメントから会社を護る

    第8回 令和3年4月11日開催
    認定ハラスメント相談員
    Ⅰ種試験

    申込期限:3月4日迄

    お申込みはこちら

    インバウンド実務主任者とは

    Japan.Shopping

    ASAHIWeekly

    #日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

    主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
    後援 : 角川アスキー総合研究所

    ↑ページトップへ