【ヘルスツーリズム】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

ヘルスツーリズム -インバウンド用語集-

今回だけ 2つで応援

「GO TO 資格」 キャンペーン

(1) SMART合格講座 → 5,000円割引

  • ①ビデオ学習 ②SMARTビデオ答練 ③WEB実戦模試、3つの直前学習で飛躍的な合格率アップを目指します
  • (2) WEB模擬テスト3,000円が → 1,000円で受験

    (100円模試の募集は11日で終了、今後は1,000円で受験できます)

  • 前回・前々回に出題された問題を利用したWEB模擬テストで実践力UPを目指します。
  • ※GOTO資格キャンペーンの「対策模擬テスト100円申込み」は11月11日に終了しています。

    詳細はこちら

    【お知らせ】

    【オンラインライブ検定とは】下記の項目をクリックして下さい(該当箇所にジャンプします)


    詳細はこちら

    講演会

    アフターコロナのインバウンド対策

    令和2年12月22日(火)開催

    《オンライン開催》

    2月インバウンド試験を受験の方は
    3,800円無料でご招待!

    外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

    >>> 詳細はこちら


    第6課題 インバウンドとニューツーリズム

    ヘルスツーリズム

    Health Tourism 自然豊かな地域を訪れ、医学的、科学的、心理学的な根拠に基づき健康回復や維持、増進を目的とする観光のこと。病気やけがの治療・療養のほか、美容・痩身、ストレス解消、体力増強など健康増進を目的とした旅行全般を指す。

    近年では、旅行中の医学的、生理学的、心理学的な健康効果を求めるだけではなく、旅行をきっかけとしたQOL(生活の質)の向上を図る手段として期待されるようになっている。地域では、日本温泉保養士協会が認定する資格による「温泉保養士」を養成したり、温泉や食事を組み合わせた健康プログラムを提供したりするなど、さまざまな取組みを始めている。さらに、官公庁、旅行会社、地方自治体などが連携して、ヘルスツーリズムに結びつけた観光資源開発が全国各地で行なわれている。


    【例題】
    問.
    ヘルスツーリズムに関する次の文章中の(  )に入る最も適切な語句の組合せを、以下のアからエまでのうち1つ選びなさい。

    ヘルスツーリズムは、病気やけがの治療・療養のほか、美容・痩身、ストレス解消、体力増強など( a )を目的とした旅行全般を指し、近年では、旅行をきっかけとした( b )の向上を図る手段としても期待され、ヘルスツーリズムに結びつけた( c )が各地で行われている。

    ア.a.健康増進b.道徳意識c.観光施設建設
    イ.a.健康増進b.生活の質c.観光資源開発
    ウ.a.価値創造b.道徳意識c.観光資源開発
    エ.a.価値創造b.生活の質c.観光施設建設

    解答:イ

    旅行中の期間だけではなく、旅行後の健康な生活を維持するきっかけを得ることも、ヘルスツーリズムの目的である。

    第15回 インバウンド実務主任者認定試験
    連続チャレンジ
    キャンペーン

    連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
    1回で諦めないでください。

    申込期限 1月14日(木)

    連続して受験すると受験料10%割引

    >>お申込みはこちら

    ƒS̕

    申請書(個人用)

    インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

    会員募集中!!

    特典が多数

    インバウンド
    実務士会

    詳細は
    こちら

    学生さんページ

    就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

    >>詳細はこちら

    令和3年3月7日開催

    第25回

    マイナンバー実務検定

    お申込みはこちら

    ハラスメントから会社を護る

    第7回 令和3年1月31日開催
    認定ハラスメント相談員
    Ⅰ種試験

    申込期限:12月10日迄

    お申込みはこちら

    インバウンド実務主任者とは

    Japan.Shopping

    ASAHIWeekly

    #日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

    主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
    後援 : 角川アスキー総合研究所

    ↑ページトップへ