【メディカルツーリズム】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

メディカルツーリズム -インバウンド用語集-

今回だけ 2つで応援

「GO TO 資格」 キャンペーン

(1) SMART合格講座 → 5,000円割引

  • ①ビデオ学習 ②SMARTビデオ答練 ③WEB実戦模試、3つの直前学習で飛躍的な合格率アップを目指します
  • (2) WEB模擬テスト3,000円が → 1,000円で受験

  • 過去に出題された問題を利用したWEB模擬テストで実践力UPを目指します。
  • 詳細はこちら

    【お知らせ】

    【オンラインライブ検定とは】下記の項目をクリックして下さい(該当箇所にジャンプします)


    インバウンド試験を受験の方なら無料!

    詳細はこちら

    講演会

    アフターコロナのインバウンド対策

    令和3年1月28日(木)開催

    1月26日(火)迄受付中!

    《オンライン開催》

    詳細はこちら

    SMART合格講座

    外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

    >>> 詳細はこちら


    第6課題 インバウンドとニューツーリズム

    メディカルツーリズム

    Medical Tourism 居住国とは異なる国や地域で検査や治療などの医療サービスを受けに行く旅行のこと。

    PET検査などの検診、歯科治療や美容整形などの軽度な治療から、がん治療や心臓バイパス手術などの高度手術までを含む検診や病気治療に行く、観光と医療サービスをセットにした旅行である。「医療観光」「医療ツーリズム」とも呼ばれる。

    旅行先で検診や治療を受け、その後にその国の観光も楽しむ。また、付き添いとなる同行者の観光活動も期待される。メディカルツーリズム先進国と言われるタイやマレーシア、韓国などでは安くて質の良い医療を求めて訪問する外国人患者を積極的に受け入れている。

    国はメディカルツーリズムをインバウンドにおける次世代成長分野と位置づけて推進している。外国人患者の誘致に積極的な病院も出てきており、旅行業界でもパッケージツアー化し、販売を開始している。しかし、外国人患者受入れにあたっては言語の問題をはじめ、治療費用の問題、異文化の問題、国による医療レベルの問題、アフターフォローの問題など、さまざまな課題が存在している。

    なお、日本における2020年の潜在的なインバウンド医療観光市場規模は5,507億円(観光分を含む)、うち純医療分(医療機関の収入)を1,681億円と推計されている。(日本政策投資銀行(DBJ)レポートより)


    【例題】
    問.
    メディカルツーリズムに関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
    ア.メディカルツーリズムとは、居住国とは異なる国や地域へ検査や治療などの医療サービスを受けに行く旅行のことである。
    イ.メディカルツーリズムでは旅行先で検査や治療を受けた人や付き添いとなる同伴者の観光活動も期待される。
    ウ.日本において治療などを受けることを目的として訪日する外国人患者に発給される医療滞在ビザは、その同伴者も発給の対象となる。
    エ.医療滞在ビザによる受入分野は、日本の医療機関の指示による治療行為、人間ドック、健康診断、歯科治療が対象になるが、温泉療養は対象にならない。

    解答:エ

    医療滞在ビザによる受入分野は、日本の医療機関の指示によるものであれば、90日以内の温泉療養も対象になる。


    ƒS̕

    申請書(個人用)

    インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

    会員募集中!!

    特典が多数

    インバウンド
    実務士会

    詳細は
    こちら

    学生さんページ

    就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

    >>詳細はこちら

    令和3年3月7日開催

    第25回

    マイナンバー実務検定

    お申込みはこちら

    ハラスメントから会社を護る

    第8回 令和3年4月11日開催
    認定ハラスメント相談員
    Ⅰ種試験

    申込期限:3月4日迄

    お申込みはこちら

    インバウンド実務主任者とは

    Japan.Shopping

    ASAHIWeekly

    #日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

    主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
    後援 : 角川アスキー総合研究所

    ↑ページトップへ