【外国人患者受入れ医療機関認証制度】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

外国人患者受入れ医療機関認証制度 -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第6課題 インバウンドとニューツーリズム

外国人患者受入れ医療機関認証制度

「外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP)」とは、日本国内の医療機関に対し、多言語での診療案内や異文化・宗教への対応など、日本人とは異なる文化・背景などに配慮した外国人の受入れについて評価する認証制度である。48医療機関(2018年現在)が認定を受けている。

また、26の医療機関(2018年現在)が、病院プログラム、大学医療センタープログラム、外来診療プログラム、長期ケアプログラムでJCI(Joint Commission International)を取得している。JCIとは、米国の病院評価機構(JC:The Joint Commission)から発展して設立された、医療の質と患者の安全性を国際的に審査する機関である。



ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

インバウンド実務士会

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

「令和」川柳コンテスト

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所

↑ページトップへ