【フィルムツーリズム】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

フィルムツーリズム -インバウンド用語集-

今回だけ 2つで応援

「GO TO 資格」 キャンペーン

(1) SMART合格講座 → 5,000円割引

  • ①ビデオ学習 ②SMARTビデオ答練 ③WEB実戦模試、3つの直前学習で飛躍的な合格率アップを目指します
  • (2) WEB模擬テスト3,000円が → 1,000円で受験

    (100円模試の募集は11日で終了、今後は1,000円で受験できます)

  • 前回・前々回に出題された問題を利用したWEB模擬テストで実践力UPを目指します。
  • ※GOTO資格キャンペーンの「対策模擬テスト100円申込み」は11月11日に終了しています。

    詳細はこちら

    【お知らせ】

    【オンラインライブ検定とは】下記の項目をクリックして下さい(該当箇所にジャンプします)


    外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

    >>> 詳細はこちら


    第6課題 インバウンドとニューツーリズム

    フィルムツーリズム

    フィルムツーリズムとは、映画やテレビドラマなどの映像作品の舞台となったロケ地や、原作の舞台を訪れる旅のことである。

    フィルムツーリズムが顕在化したのは、1953年にアメリカで制作・公開(日本公開1954年)され世界的大ヒットとなった名作『ローマの休日』の登場からである。映画に触発され、世界中の人々がローマを目指しし、それは長く続く観光現象となった。

    日本映画『Love Letter』(1995)は、雪の小樽を舞台にしたラブストーリーである。1999年には韓国でも公開され、韓国での観客動員数百万人という大ヒットを記録した。舞台となった小樽には日本人だけでなく韓国人旅行者が数多く訪れた。

    中国の大ヒット映画『非誠勿擾』(邦題『狙った恋の落とし方。』2008)の映画後半の主舞台となったのが北海道の道東で、中国に北海道観光ブームを巻き起こし、阿寒湖、網走などのロケ地に中国人旅行者が殺到した。韓国テレビドラマ『IRIS-アイリス-』(2009)は、日本の秋田県で長期ロケが行われ、放送後ロケ地巡りをする韓国人旅行者が激増した。

    このように、映画のロケ地が国内旅行者にとどまらず、外国人旅行者も呼びよせる有力な観光資源であることに、全国の地域の人々が気づき始めた。2000年代になると、全国各地にロケ誘致を推進するフィルムコミッションが次々と設立され、現在その団体数は200以上に及ぶ。


    第15回 インバウンド実務主任者認定試験
    連続チャレンジ
    キャンペーン

    連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
    1回で諦めないでください。

    申込期限 1月14日(木)

    連続して受験すると受験料10%割引

    >>お申込みはこちら

    ƒS̕

    申請書(個人用)

    インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

    会員募集中!!

    特典が多数

    インバウンド
    実務士会

    詳細は
    こちら

    学生さんページ

    就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

    >>詳細はこちら

    令和3年3月7日開催

    第25回

    マイナンバー実務検定

    お申込みはこちら

    ハラスメントから会社を護る

    第7回 令和3年1月31日開催
    認定ハラスメント相談員
    Ⅰ種試験

    申込期限:12月10日迄

    お申込みはこちら

    インバウンド実務主任者とは

    Japan.Shopping

    ASAHIWeekly

    #日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

    主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
    後援 : 角川アスキー総合研究所

    ↑ページトップへ