【ロングステイビザ(長期滞在ビザ)】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

ロングステイビザ(長期滞在ビザ) -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第6課題 インバウンドとニューツーリズム

ロングステイビザ(長期滞在ビザ)

外国人富裕層を対象として、最長1年間の「特定活動」の在留資格で日本に滞在することを許可する「特定ビザ:特定活動(観光・保養を目的とするロングステイ)」のこと。一般的に「ロングステイビザ」と呼ばれている。

観光や保養を目的として訪日する外国人旅行者は、在留資格「短期滞在」で入国することが可能だが、「短期滞在」では原則最長90日までしか在留できない。2015年より、日本政府はビザ免除国の富裕層に限り、日本での長期滞在を可能にするビザを発給している。本ビザを取得して来日する外国人の目的は、観光、リゾート地滞在、健診・医療の受診、親戚・知人の訪問など目的は多岐にわたる。ただし、日本に滞在中、事業や就労はできない。

対象者は、ビザ免除国・地域の者であり、以下の要件を満たすものである。

・18歳以上、預貯金を邦貨換算で3,000万円以上(夫婦合算可)有する者

・上記に同行する配偶者


【例題】
問.
ロングステイに関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.同じ場所に長期滞在し、日常生活を通じて現地の人や文化、慣習に触れることを楽しむ旅行の一形態をロングステイという。
イ.ロングステイは「長期滞在型旅行」「二地域居住」と呼ばれることもあり、滞在期間の定義はなく1~2週間以上の滞在を指すことが多い。
ウ.日本が発給するロングステイ向けのビザとして、「特定ビザ:特定活動(観光・保養を目的とするロングステイ)」があり、同ビザでは最長5年の日本滞在が可能である。
エ.「特定ビザ:特定活動(観光・保養を目的とするロングステイ)」の発給要件には、ビザ免除国・地域の者であり、年齢18歳以上で、一定以上の預貯金を有していることなどが必要である。

解答:ウ

「特定ビザ:特定活動(観光・保養を目的とするロングステイ)」による在留期間は6ヶ月で、在留期間満了前に地方入国管理局にて在留期間更新許可申請手続を行うことにより、最長1年まで在留できる。


ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ