【中国人の国民性】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

中国人の国民性 -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第7課題 訪日外国人の理解

中国人の国民性

・中国は広大な国土を有するため、地域によって国民性、風俗、習慣などが大きく異なる。(日本のほぼ26倍の国土面積)

・強い行動力を持ち、団体行動はあまり得意ではない。

・メンツを重んじる。

・特別なもてなしをされるのを好む。

・家族・親戚を大事にする。

・親しい人に対してはとても親切だが、無関係な人には冷たい。

・頑固なところがあり、あまり他人には譲らない。


【例題】
問.
訪日中国人旅行者に関する以下のアからエまでの記述のうち、一般的に言われている内容として適切なものを1つ選びなさい。
ア.中国人の訪日観光は、中国の関連法令に基づく団体観光の形式をとり、個人観光は認められていない。
イ.2016年(平成28年)4月に中国は海外で購入した商品の持込みにかかる関税を引き上げたが、訪日中国人旅行者の消費活動に顕著な影響は表れなかった。
ウ.中国人は特別扱いされることを嫌う傾向があり、「熱烈歓迎」の横断幕を掲示したり、無料のお土産を準備したりする対応は避けるべきである。
エ.中国人は体を冷やすことを特に嫌い、温かい料理を好むため、日本式の温かくない弁当を提供することは避けた方がよい。

解答:エ

中国人は本来温かい料理が冷えたものは好まない。

ア:一定の要件を満たせば個人観光も可能であり、近年は個人旅行者も増えている。

イ:観光庁の推計によると、2016年(平成28年)4月以降の関税引き上げおよび越境ECによる訪日中国人の買い物支出額へ与えた影響額は約2,000億円と試算されている。

ウ:中国人は特別扱いされることを好む傾向があり、「熱烈歓迎」の横断幕を掲示したり、無料のお土産を準備したりすると喜ばれる。




にほんちしきりょくけんてい

第1回

日本知識力検定

2019年10月20日(日)開催

申込期限 2019年9月25日(水)まで(申込期限を延長しました)

>> 詳細はこちら

日本で働く
外国人のための試験

日本を正しく理解する


ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

インバウンド実務士会

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。


第2回「令和」川柳コンテスト

作品募集中!

お申込みはこちら

令和元年12月15日開催

第20回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

ハラスメントから会社を護る

第3回 令和2年1月19日開催
認定ハラスメント相談員試験

申込期限:12月12日迄

お申込みはこちら

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所

↑ページトップへ