【台湾人の国民性】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

台湾人の国民性 -インバウンド用語集-

今回だけ 2つで応援

「GO TO 資格」 キャンペーン

(1) SMART合格講座 → 5,000円割引

  • ①ビデオ学習 ②SMARTビデオ答練 ③WEB実戦模試、3つの直前学習で飛躍的な合格率アップを目指します
  • (2) WEB模擬テスト3,000円が → 1,000円で受験

    (100円模試の募集は11日で終了、今後は1,000円で受験できます)

  • 前回・前々回に出題された問題を利用したWEB模擬テストで実践力UPを目指します。
  • ※GOTO資格キャンペーンの「対策模擬テスト100円申込み」は11月11日に終了しています。

    詳細はこちら

    【お知らせ】

    【オンラインライブ検定とは】下記の項目をクリックして下さい(該当箇所にジャンプします)


    外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

    >>> 詳細はこちら


    第7課題 訪日外国人の理解

    台湾人の国民性

    ・開放的な明るい性格で、初対面でもすぐに打ち解ける。

    ・血縁関係による結びつきが強く、家族を大切にする。

    ・冒険心に富み、失敗を恐れない行動をとる。

    ・メンツを重んじ、個人の自由を重視する。

    ・勝負事を好む。

    ・流行に敏感で、台湾で人気の出たものは中国、香港で流行する。

    ・日本の文化、サブカルチャーに興味をもつ若者が多い。


    【例題】
    問.
    訪日台湾人旅行者に関する以下のアからエまでの記述のうち、一般的に言われている内容として適切ではないものを1つ選びなさい。
    ア.台湾人の出国率(人口に対する海外旅行者の比率)は高く、2015年は56.1%で日本の13.5%と比べても海外旅行が盛んであると言える。
    イ.台湾では簡略化された漢字である「簡体字」が使われ、中国大陸で使用される「繁体字」とは大きく異なるので注意が必要である。
    ウ.台湾人の若年層は幼少時代からアニメなど日本文化に接しており、日本の自然、日本の文化、サブカルチャーに強い関心がある。
    エ.台湾人は温かい鍋料理を好む人が多く、夏でも冷房の効いた部屋で鍋料理を食べる。

    解答:イ

    台湾で使用されるのは「繁体字」、中国で使用されるのが「簡体字」である。

    第15回 インバウンド実務主任者認定試験
    連続チャレンジ
    キャンペーン

    連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
    1回で諦めないでください。

    申込期限 1月14日(木)

    連続して受験すると受験料10%割引

    >>お申込みはこちら

    ƒS̕

    申請書(個人用)

    インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

    会員募集中!!

    特典が多数

    インバウンド
    実務士会

    詳細は
    こちら

    学生さんページ

    就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

    >>詳細はこちら

    令和3年3月7日開催

    第25回

    マイナンバー実務検定

    お申込みはこちら

    ハラスメントから会社を護る

    第7回 令和3年1月31日開催
    認定ハラスメント相談員
    Ⅰ種試験

    申込期限:12月10日迄

    お申込みはこちら

    インバウンド実務主任者とは

    Japan.Shopping

    ASAHIWeekly

    #日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

    主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
    後援 : 角川アスキー総合研究所

    ↑ページトップへ