【香港人の国民性】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

香港人の国民性 -インバウンド用語集-

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第7課題 訪日外国人の理解

香港人の国民性

・自立心が強く、周囲の意見に左右されない。

・植民地としての歴史が長く、中国人としてのアイデンティティが弱い。

・損得勘定に敏感だが、気に入ったものに対してはお金を使う。

・西欧的な個人主義の考えをしっかり持っている。

・文化や歴史への関心が希薄で、流行には敏感。

・せっかちで常に動き回っている。


【例題】
問.
以下のアからエまでのうち、訪日香港人旅行者に関する【問題文A】から【問題文C】の内容として適切なものを1つ選びなさい。
【問題文A】香港人は訪日外国人旅行者の中では初めて訪日する旅行者の割合が突出して多いため、オーソドックスな観光地を巡る団体旅行を好む傾向がある。
【問題文B】香港は中国の一部であるが、1997年まではイギリスの統治下にあったことから中国本土とは異なる生活習慣や考え方を持っているので、インバウンド対応としては中国人旅行者とは切り離して考えたほうがよい。
【問題文C】香港はイギリスの統治下にあった影響からキリスト教徒が多く、他のアジア諸国のように旧正月を祝う習慣はないので、海外旅行はクリスマスシーズンが最盛期となる。
ア.A のみ正しい。
イ.B のみ正しい。
ウ.C のみ正しい。
エ.すべて誤っている。

解答:イ

「中国人」というよりも「香港人」としての意識が強いと言われている。

A:香港人旅行者は他国・地域からの旅行者と比較して訪日2回目以上の経験を持つリピーターの割合が突出して多いため、個人で自由な旅行を好む傾向がある。

C:香港でも旧正月は盛大に祝われる。




にほんちしきりょくけんてい

第1回

日本知識力検定

2019年10月20日(日)開催

申込期限 2019年9月25日(水)まで(申込期限を延長しました)

>> 詳細はこちら

日本で働く
外国人のための試験

日本を正しく理解する


ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

インバウンド実務士会

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。


第2回「令和」川柳コンテスト

作品募集中!

お申込みはこちら

令和元年12月15日開催

第20回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

ハラスメントから会社を護る

第3回 令和2年1月19日開催
認定ハラスメント相談員試験

申込期限:12月12日迄

お申込みはこちら

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所

↑ページトップへ