インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

無料公衆無線LAN -インバウンド用語集-

第9回 インバウンド実務主任者認定試験
連続チャレンジ
キャンペーン

連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
1回で諦めないでください。

申込期限 7月19日(金)

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

第8課題 訪日外国人への対応

無料公衆無線LAN

スマートフォンをはじめとするモバイル端末の利用者が、インターネットに接続するために、外出先で利用することができる無料の無線LANのこと。無料Wi-Fiともいう。また接続することができる場所のことを無料公衆無線LANスポット、無料Wi-Fiスポットという。空港・駅などの公共交通機関、公共施設、商業施設など人が多く集積する場所に設置されている。訪日外国人は、通信手段に無料公衆無線LANを利用するが、日本では期待するほどの無料公衆無線LANスポットがなく、不便を強いられるといわれている。

総務省の「SAQ2(サクサク)JAPAN Project~訪日外国人のICT利用環境整備に向けたアクションプラン~」では、無料公衆無線LANの整備促進と利用円滑化がインバウンドの課題とされ、地方の観光地も含め、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を見据えつつ、訪日外国人の動線を意識した更なる整備促進を進めるとしている。また、日本の無料公衆無線LANは、海外に比べて、メールアドレスの入力等の手続が提供主体毎に求められるなど煩雑との声が多いため、利用手続の簡素化を推進するとしている。



ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

インバウンド実務士会

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

令和記念特別 認定カード

8月開催試験限定

詳細はこちら

第2回

「令和」川柳コンテスト

作品募集中!

お申込みはこちら

2019年9月8日開催

第19回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

「令和」川柳コンテスト

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所

↑ページトップへ