【SNS】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

SNS -インバウンド用語集-

【オンラインライブ検定とは】下記の項目をクリックして下さい(該当箇所にジャンプします)


外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


第9課題 インバウンドの集客

SNS

Social Networking Service 登録した利用者同士が交流する会員制サービス・ウェブサイト。代表的なものにはFacebook、Twitter、Instagramがある。

SNSでは友人同士、ウェブ上で同じ趣味や興味を持つ人同士が集まり、利用者間の密接なコミュニケーションや新たなネットワークが形成されている。登録時に実名や個人情報が必要なもの、メールアドレスだけで利用できるものなどさまざまである。

近年は企業や組織の広報のツールとして利用されるケースも増えている。インバウンドにおいても、SNSを使うことで事業者側と訪日外国人旅行者との双方向コミュニケーションが可能になり、事業者は訪日外国人旅行者の意見・感想を得て、新規顧客だけでなく、リピーターの獲得にもつなげることができる。

利用者の関心が高い情報は、SNS上で広範囲で共有・拡散され、集客のチャンスに結びつく。一方で、事業者側にとってネガティブな情報が拡散されるリスクもある。

SNSの社内運用の際には、利用目的や発信したい情報に合わせたSNSを事業者が選び、運用ルールを定め、定期的な情報の発信に努める必要がある。


【例題】
問.
以下のアからエまでのうち、SNSに関する【問題文A】から【問題文C】の内容として適切なものを1つ選びなさい。
【問題文A】情報の拡散するスピードが速いなど、各方面で大きな影響力を持つSNSは、外国人旅行者の集客において重要なツールになっている。
【問題文B】事業者側は、SNSに必要最低限の情報を提供するだけで良く、定期的に更新することはさほど重要ではない。
【問題文C】 Instagramは多くのユーザーに使用されている画像共有アプリケーションである。共通言語にもなる写真と簡単な単語で情報を発信できるため、インバウンド集客に有効である。
ア.A のみ誤っている。
イ.B のみ誤っている。
ウ.C のみ誤っている。
エ.すべて正しい。

解答:イ

最新情報を提供することは集客にもつながるため、ウェブメディア等の更新は定期的にすることが大事である。




第13回 インバウンド実務主任者認定試験
連続チャレンジ
キャンペーン

連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
1回で諦めないでください。

申込期限 6月25日(木)

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら

にっぽんちしきりょくけんてい

第2回

日本知識力検定

2020年10月18日開催

全国認定会場で開催

>> 詳細はこちら

日本で働く
外国人のための試験

日本を正しく理解する


ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

インバウンド実務士会

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

学生さんページ

就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

>>詳細はこちら

令和2年9月13日開催

第23回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

ハラスメントから会社を護る

第5回 令和2年7月19日開催
認定ハラスメント相談員
Ⅰ種試験

申込期限:6月11日迄

お申込みはこちら

企業ご担当者ページ

令和2年5月までなら書籍プレゼント

人材開発 教育訓練に!

>>詳細はこちら


インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所

↑ページトップへ