【Twitter(ツイッター)】インバウンド実務主任者認定試験の用語集です。

Twitter(ツイッター) -インバウンド用語集-

【オンラインライブ検定とは】下記の項目をクリックして下さい(該当箇所にジャンプします)


外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


第9課題 インバウンドの集客

Twitter(ツイッター)

Twitter, Inc.が運営する、140文字以内の「ツイート(tweet:さえずり)」と称される短文や画像を投稿・共有するSNS。世界全体ユーザー数は3億3500万人(2018年9月)といわれる(出典:ソーシャルメディアラボ)。

Twitterのアカウントは企業・個人を問わず、氏名(ニックネームも可能)、メールアドレスとパスワード、半角英数字・アンダーバーからなるユーザー名を、それぞれ登録することで、持つことができる。ユーザーはツイートで自ら情報を発信するほか、「フォロー」機能を使い、他のユーザーの「フォロワー」になることで、フォローした他のユーザーのツイートを自身のホーム画面で、時系列順に確認することができる。

Twitterの特徴的な情報拡散機能には、「リツイート」と「ハッシュタグ」がある。リツイートは他のユーザーのツイートを自分のフォロワーと共有する機能で、フォロワーからフォロワーへとリツイートが続いていくことにより、一気に情報が拡散していくことも多い。ハッシュタグは自身のツイート内に#記号と文字列(#Tokyoなど)を付けることにより、同じハッシュタグのついたツイートをTwitter上でリスト化する機能で、同じ話題や分野のツイートを一覧することができる。

これらの即時性や情報拡散のスピードから、Twitterは今の情報を発信すること、最新の声を拾うことに適している。インバウンドにおいても、Twitterを利用することで、国内外の外国人ユーザーに対しても、旬の情報を発信するとともに、彼らが今どのように考えているかを知ることができる。


【例題】
問.
Twitterに関する【問題文A】から【問題文C】の内容として適切なものを、以下のアからエまでのうち1つ選びなさい。
【問題文A】Twitterは「ツイート」と称される200文字以上の長文や画像を投稿・共有するSNSである。
【問題文B】Twitterは即時性の高さや情報拡散のスピードが特徴であり、リアルタイムの情報を発信すること、最新の声を拾うことに適している。
【問題文C】Twitterの機能のひとつに他のユーザーの投稿を自身のフォロワーへ共有する「アクティビティ機能」がある。
ア.A のみ正しい。
イ.B のみ正しい。
ウ.C のみ正しい。
エ.すべて誤っている。

解答:イ

【問題文A】ツイートは140字以内。

【問題文C】正しくは「リツイート」。アクティビティ機能は自分がフォローしている相手が誰かをフォローしたり、リストに追加したり、ツイートをお気に入り登録したりといった活動履歴を一覧で表示するページである。




第13回 インバウンド実務主任者認定試験
連続チャレンジ
キャンペーン

連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
1回で諦めないでください。

申込期限 6月25日(木)

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら

にっぽんちしきりょくけんてい

第2回

日本知識力検定

2020年10月18日開催

全国認定会場で開催

>> 詳細はこちら

日本で働く
外国人のための試験

日本を正しく理解する


ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

インバウンド実務士会

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

学生さんページ

就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

>>詳細はこちら

令和2年9月13日開催

第23回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

ハラスメントから会社を護る

第5回 令和2年7月19日開催
認定ハラスメント相談員
Ⅰ種試験

申込期限:6月11日迄

お申込みはこちら

企業ご担当者ページ

令和2年5月までなら書籍プレゼント

人材開発 教育訓練に!

>>詳細はこちら


インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所

↑ページトップへ