インバウンド実務主任者認定試験の加点制度と、加点申請について注意事項を掲載しています。

加点制度と、加点申請について

外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


平成30年度試験要項の一部変更および試験日程についてお知らせ

平成30年度より外国語は必須では無く、選択問題となります。

平成30年度より英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語など10言語の検定試験で、所定の級または得点を習得されている方には、総合点に6点を加点する「外国語検定取得者加点制度」を創設しました。


試験問題には、ルビ(ふりがな)がふってありますので、漢字が苦手な方もふるってご受験ください。

外国語検定取得者加点制度

外国語の必修は無くなり、選択式となりました。その代わりに、下記の各言語における所定の資格をお持ちの方で、加点申請をご希望の方は、以下の方法で加点申請をすることができます。
加点申請には各加点対象試験の合格や得点を証明できる書類(合格証書・認定証・合格証明書などの写し)のご提出が必要です。

英 語TOEIC L&R600点以上、TOEFL(iBT)62点以上、英検2級以上、
国際連合公用語英語検定試験B級以上
中国語 中国語検定3級以上、HSK3級以上
韓国語 ハングル能力検定試験 3級以上
ドイツ語 ドイツ語技能検定試験 2級以上
フランス語 実用フランス語技能検定試験 準2級以上
スペイン語 スペイン語技能検定 4級以上
イタリア語 実用イタリア語検定試験 3級以上
ロシア語 ロシア語能力検定試験 2級以上
タイ語 実用タイ語検定試験 準2級以上
10インドネシア語 インドネシア語技能検定試験B級以上

※上記以外の資格については、加点の申請の受付を行っておりません。


加点申請書類の提出について

  1. 加点を希望される方は、お申し込み時に「申請内容」の項の「申請する」にチェックを入れ、「取得済み資格」をプルダウンよりご選択ください。
  2. お申込み完了後、申込み確認メールがお申込み時のメールアドレスに届きます。申込み確認メールが届きましたら、届いたメールに取得済み資格の証明書を添付してご返送ください。添付するファイルはJPEGまたはPDFにてご用意をお願い致します。
  3. 正しく加点申請が完了しましたら、後日発行の受験票に「加点」の記載がございます。

※加点申請書類が申込締切翌日10時までに確認できない場合、「加点なし」でのお申込みとなります。

※お申込み後の加点の変更はできません。

※加点申請についてご不明な点は下記までお問い合わせください。

お問い合わせ 03-5276-0030



ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

企業担当の方へ

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ