インバウンド・インバウンドビジネスをリードするインバウンド検定・実務主任者試験では、インバウンドに関する様々な知識を持ち、インバウンドビジネスを展開する力を認定します。

第12回 インバウンド実務主任者認定試験 令和2年5月17日(日)開催

インバウンドビジネスを有利に展開するインバウンド ディレクターに必須の資格

第12回

インバウンド実務主任者認定試験

本試験を通してインバウンドの現状と動向、インバウンドビジネスの実際と対策、インバウンドの集客、訪日外国人の理解と対応、ニューツーリズムや観光街づくりについての知識を学びます。インバウンドビジネスに携わっている方は本試験を通して必須の知識を身に付けましょう。

令和2年5月17日(日)開催
申込期間 令和2年4月9日迄
実施会場 札幌 仙台 東京 横浜 埼玉 千葉 名古屋 津 大阪 京都 広島 福岡
全12会場

3月24日 午前開催!

第29回 女性活躍講演会

女性活躍検定をお申込の方は2,000円 会員の方は無料


>>詳細はこちら

3月24日 午後開催!

第30回 講演会

「個人情報保護制度の見直しについて」
「個人情報漏洩に関する事案と問題点について」

【会員の方は無料】

>>詳細はこちら


外国語必須を改め、外国語検定取得者加点制度を創設

>>> 詳細はこちら


第12回 インバウンド実務主任者認定試験

試験日時 令和2年5月17日(日) 10時00分~12時15分
受験料10,000円(税抜)申込期限令和2年4月9日(木)

試験申込はこちら 試験申込はこちら

試験対策講習会詳細

学生専用申込

教材書籍

全情協資格者部会の方の試験申込はこちら

※試験と対策講習会を同時申込で割引が適用されます。

※学生の方は学割が適用されます。受験の際に学生証の提示が必要となります。

案内チラシのPDFをダウンロードする(プリント又はPDFを皆様に配布して下さい)

試験情報詳細はこちら>>


訪日外国人旅行者数、2年連続の3,000万人突破!

2020年はさらなる増加が予想されます!

2019年の訪日外国人旅行者数は、前年比 2.2%増の3,188万2千人で、JNTOが統計を取り始めた 1964年以降最多となり、韓国を除く19の国・地域(JNTO重点市場)で過去最高を記録しました。

国・地域別では、中国が959万4千人となりすべての国・地域で初めて950万人を超えました。(JNTOプレスリリースより)

いよいよ迎えたオリンピック・パラリンピックイヤーの2020年、さらなる訪日外国人旅行者数の増加が予想されます。


訪日外国人旅行者の推移


新たなビジネスを生み出すチャンス、地方を創生するチャンス

このチャンスを見逃すわけにはいかない

◇外国語検定取得者加点制度


インバウンド学習用データ集

サンプル問題

インバウンド用語集







にっぽんちしきりょくけんてい

第2回

日本知識力検定

2020年2月15日~4月5日開催

全国認定会場で開催

>> 詳細はこちら

日本で働く
外国人のための試験

日本を正しく理解する


ƒS̕
_ˎRw CؖvOc[Yvf[T[{ے

試験・講習会申込試験・講習会申込

講習会申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

インバウンド実務士会

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

学生さんページ

就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

>>詳細はこちら


第2回「令和」川柳コンテスト

受賞25作品発表!

詳細はこちら

令和2年6月14日開催

第22回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

ハラスメントから会社を護る

第4回 令和2年4月19日開催
認定ハラスメント相談員
Ⅰ種試験

申込期限:3月12日迄

お申込みはこちら

第27回

講演会

「民法改正

について」

【会員無料】

先着限定100名

令和2年220日(木)開催

>>詳細はこちら


第28回講演会

令和2年310日(火)

第1部講演
労働施策総合推進法の
改正の施行について

2つのテーマの講演会を開催

第2部講演
ハラスメント防止のための
管理職のあるべき姿と
管理職研修

参加無料 各120名様限定

>>詳細はこちら


企業ご担当者ページ

令和2年3月までなら書籍プレゼント

人材開発 教育訓練に!

>>詳細はこちら


インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所

↑ページトップへ