サンプル問題

問題1.
以下のアからエまでのうち、インバウンドの現状に関する次の文章の(  )に入る最も適切な語句の組合わせを1つ選びなさい。

訪日外国人旅行者数の推移を見ると、東日本大震災の影響で大きく落ち込んだ2011年の622万人以降、毎年増加の一途をたどり2016年には2,404万人となった。日本政府は当初2020年に訪日外国人旅行者数を( a )人にする目標を掲げていたが、前倒しで目標を達成したことになる。この順調な増加の理由にはビザ発給要件( b )などの政策的要因、長期にわたる( c )などの経済的要因、アジア諸国の経済的発展などの外的要因を背景として、官民一体のインバウンド事業への取組みの効果が上がっていると考えられる。

ア.a 2,000万 b 緩和 c 円安傾向
イ.a 1,000万 b 緩和 c 円高傾向
ウ.a 2,000万 b 強化 c 円高傾向
エ.a 1,000万 b 強化 c 円安傾向

解答:ア

2008年に発表された「観光庁アクションプラン」で、2020年までに訪日外国人旅行者数を2000万人にすることを目標とした。現在では、2020年の目標は4000万人に引き上げられている。


問題2.
次の図は、2016年(平成28年)における国・地域別訪日外国人旅行者数を表したものである。以下のアからエまでのうち、図中の(  )に入る最も適切な語句の組合わせを1つ選びなさい。

ア.a.台湾  b.韓国  c.中国
イ.a.インド  b.中国  c.韓国
ウ.a.中国  b.韓国  c.台湾
エ.a.英国  b.インドネシア  c.フランス

解答:ウ

訪日外国人旅行者は、東アジアからが圧倒的に多く、その割合は中国・韓国・台湾の3つの国・地域で約65%である。特に中国・韓国は、2015年に対する伸び率は27%を超えており、上昇傾向にある。


問題3.
次の表は日本のインバウンドに関連するできごとを記したものである。表中の(   )に入る最も適切な文章を1つ選びなさい。

ア.大阪府で万国博覧会が開催される
イ.愛知県で愛知万博(愛・地球博)が開催される
ウ.観光庁が新設される
エ.富士山が世界遺産に登録される

解答:ウ

観光立国が宣言され観光が重要な国家戦略と位置づけられ、日本の観光行政の専管部署として観光庁が設置された。


問題4.
次の図は、訪日外国人旅行者の訪日旅行に関する、意識調査の結果を表している。以下のアからエまでのうち、図中の(  )に入る最も適切な語句を1つ選びなさい。

ア. 治療・健診
イ.旅館に宿泊
ウ.テーマパーク
エ.日本食を食べること

解答:エ

2013年にユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」に限らず、あらゆるジャンルで高いクオリティの食が楽しめるので、外国人旅行者の日本の「食」への期待は高い。


問題5.
為替レートに関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.通貨を交換するための市場を外国為替市場と呼び、通貨の交換比率を為替レートと呼ぶ。
イ.円安とは円の価値が下がることであり、「1ドル=100円」が「1ドル=90円」になることである。
ウ.中国の人民元と日本円において「1元=16円」が「1元=20円」になる状態は円安である。
エ.円安は外国人旅行者にとっては自国通貨の価値が上がることなので、一般的には訪日旅行の意欲を促進すると考えられる。

解答:イ

為替レート「1ドル=100円」が「1ドル=90円」になるのは円の価値が上がる円高である。


問題6.
以下のアからエまでのうち、インバウンドのデスティネーション(目的地)に関する次の文章の(  )に入る最も適切な語句の組合せを1つ選びなさい。

訪日外国人旅行者向けのデスティネーションで最もよく知られているのが、「( a )」と呼ばれているコースである。成田空港に到着して、まず東京を観光、その後箱根、富士山、名古屋、京都、大阪を訪問して関西空港からの出国を基本とする(逆ルートもある)観光周遊ルートになる。主に( b )向け、初めての訪日客向けのプランで、日本の主要観光地を一度に巡ることができるので人気がある。広域コースで他に知られているのが「( c )」と名付けられた伊勢志摩から能登半島を含む中部北陸9県にまたがる広域ルートである。

ア.a ゴールデンルート b 個人客 c 東海道
イ.a プラチナルート b 団体客 c 昇龍道
ウ.a ゴールデンルート b 団体客 c 昇龍道
エ.a プラチナルート b 個人客 c 東海道

解答:ウ


問題7.
次の図は、訪日外国人旅行者が日本で購入したお土産に関するものである。横軸はそのお土産を購入した人の比率(%)、金額はそのお土産を購入した人における1人当たりの平均支出(円)を表している。以下のアからエまでのうち、図中の(  )に入る最も適切な語句の組合わせを1つ選びなさい。

ア.a.カメラ・ビデオカメラ・時計  b.菓子類  c.医薬品・健康グッズ・トイレタリー
イ.a.菓子類  b.カメラ・ビデオカメラ・時計  c.医薬品・健康グッズ・トイレタリー
ウ.a.菓子類  b.医薬品・健康グッズ・トイレタリー  c.カメラ・ビデオカメラ・時計
エ.a.医薬品・健康グッズ・トイレタリー  b.菓子類  c. カメラ・ビデオカメラ・時計

解答:ウ

菓子類は、主に中国、韓国、台湾などアジア圏の訪日外国人旅行者に人気があるため、全体の購入率でも高い数値となっている。


問題8.
MICEに関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.MICEの「M」は「Meeting(企業等の会議)」の頭文字である。
イ.MICEの「I」は「Invitation(招待旅行)」の頭文字である。
ウ.MICEの「C」は「Convention(国際会議)」の頭文字である。
エ.MICEの「E」は「Exhibition/Event(展示会・見本市、イベント)」の頭文字である。

解答:イ

MICEの「I」は「Incentive (企業の報奨旅行・研修旅行)」の頭文字である。


問題9.
以下のアからエまでのうち、外国人向け地図記号の説明として誤っているものを1つ選びなさい。
ア.銀行/ATM
イ.寺院
ウ.コンビニエンスストア・スーパーマーケット
エ.鉄道駅

解答:イ

イは「博物館/美術館」の記号である。


問題10.
次の図は2016年(平成28年)の訪日外国人1人当たりの平均買物代の上位国・地域を表したものである。
以下のアからエまでのうち、図中の(   )に入る国・地域名として適切なものを1つ選びなさい。

ア.アメリカ
イ.シンガポール
ウ.韓国
エ.中国

解答:エ

いわゆる「爆買い」のブームは落ち着いたが、依然として買物代のトップは中国である。


問題11.
次の図は2016年(平成28年)の訪日外国人の旅行消費額の内訳を表したものである。以下のアからエまでのうち、図中の(  )に入る最も適切な語句の組合せを1つ選びなさい。

ア.a 宿泊費 b 買物代 c 飲食費
イ.a 買物代 b 飲食費 c 宿泊費
ウ.a 買物代 b 宿泊費 c 飲食費
エ.a 宿泊費 b 飲食費 c 買物代

解答:ウ

インバウンドの経済効果が顕著に表れるのが買物による消費と言われており、全消費額の40%弱を占めている。


問題12.
次の表は、2015年(平成27年)における、訪日外国人旅行者の費目別購入率の一部をそれぞれ表したものである。以下のアからエまでのうち、費目別購入率と国・地域名の組合わせが適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.台湾
イ.中国
ウ.韓国
エ.タイ

解答:ア

アの表はアメリカの数値である。3位に入っている「和服(着物)・民芸品」はアジア各国・地域ではあまり人気がない。


問題13.
訪日外国人旅行者の決済方法に関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.訪日外国人旅行者のクレジットカードの利用率は高い傾向にはあるが、現金での決済方法のほうが利用率は高くなっている。
イ.交通系ICカードやスマートフォンアプリを使った決済方法も注目されており、決済方法の多様化を進めることはインバウンドビジネスにとって重要な要素である。
ウ.訪日外国人旅行者が利用した金融機関の利用率は「ATM」が高い傾向にあり、その理由としては海外カードが使えるATMの普及などが挙げられる。
エ.銀聯(ぎんれん)カードは、中国人旅行者のみならず、国籍関係なく高い利用率となっている。

解答:エ

銀聯カードの利用者は中国人旅行者が主で、他の国・地域旅行者の利用者は極めて少ない。


問題14.
以下のアからエまでのうち、免税店に関する次の文章の(  )に入る最も適切な語句の組合せを1つ選びなさい。

手続委託型( a )免税店では販売する物品に係る免税手続を、( b )を設置する事業者に代理させることができる。

ア.a 消費税 b 臨時販売場
イ.a 消費税 b 免税手続カウンター
ウ.a 関税  b 臨時販売場
エ.a 関税  b 免税手続カウンター

解答:イ


問題15.
免税店に関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.小規模な小売店が多い商店街では、個別の店で免税手続きを行わずに商店街内の1ヶ所に設置された免税手続きカウンターで対応することが可能である。
イ.外国人旅行者が4000円の家電と2000円の化粧品をお土産品として同一店内で同時に購入した場合、販売価格の合計が5000円以上なので免税の対象となる。
ウ.外国人旅行者が手続委託型消費税免税店であり、同一商店街にあるA菓子店とB酒店でそれぞれお菓子2000円と日本酒4000円の食料品をお土産品として購入した場合、販売価格の合計が5000円以上なので免税の対象となる。
エ.免税販売品の包装は、透明なプラスチック製の袋か段ボール箱に入れ、出国まで開封できないようシールで封印しなければならない。

解答:イ

同一店舗で一般物品と消耗品のいずれも販売する場合は、一般物品と消耗品ごとにそれぞれ販売価格(税抜)の合計額が5000円以上である場合に免税の対象となる。家電は一般物品、化粧品は消耗品なのでイの場合は免税の対象とならない。


問題16.
以下のアからエまでのうち、新しい宿泊サービスに関する次の文章の(  )に入る最も適切な語句の組合わせを1つ選びなさい。

2020年開催予定の東京オリンピック・パラリンピック時には宿泊施設の大幅な( a )が予測されることから、( b )サービスの普及が求められている。

ア.a 増加 b 民泊
イ.a 不足 b 民泊
ウ.a 増加 b 民宿
エ.a 不足 b 民宿

解答:イ

2020年開催予定の東京オリンピック・パラリンピック時に向けて民泊新法の整備が進められている。


問題17.
以下のアからエまでのうち、鉄道交通ビジネスに関する次の文章の(  )に入る最も適切な語句の組合せを1つ選びなさい。

JRグループ6社が共同で発売する訪日外国人旅行者向けの特別企画乗車券の名称は( a )であり、新幹線の「( b )」と「みずほ」には乗ることができない。JR線ではないが、( c )に乗ることはできる。

ア.a ジャパン・ツーリスト・パス b のぞみ c 東京メトロ
イ.a ジャパン・レール・パス b のぞみ c 東京モノレール
ウ.a ジャパン・ツーリスト・パス b ひかり c 東京モノレール
エ.a ジャパン・レール・パス b ひかり c 東京メトロ

解答:イ


問題18.
ニューツーリズムに関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.従来の観光では対象とされていなかった資源・場所の魅力を活用して、テーマ性の高い体験、交流を伴う旅行スタイルのことをニューツーリズムという。
イ.ニューツーリズムは、主に旅行会社が主導する大量消費型の旅行スタイルに飽き足りない旅行者のニーズを背景として生まれたスタイルである。
ウ.ニューツーリズムの概念は多種多様であり各地で乱立しがちなので、都道府県単位でどのような活動を行うか計画し、市町村が認可をうける形が望ましい。
エ.ニューツーリズムは、大都市以外の地方に訪日外国人旅行者を誘導する有力な手段になるが、その魅力を伝える情報発信、受け入れ体制の整備などが必須である。

解答:ウ

ニューツーリズムの考え方は地域主導の旅行創成が必要であり、市町村及びその住民の主体的な活動が求められる。


問題19.
ニューツーリズムに関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.自然・歴史・文化など地域固有の資源を観光の対象とすると同時に、その資源の保護・保全をはかる考え方を「エコツーリズム」という。
イ.歴史的・文化的価値のある工場、鉱山、最先端の技術を備える工場、工業化されていない伝統産業などの現場を訪れ、学び、体験する観光を「産業ツーリズム」という。
ウ.健診、治療、療養を目的として居住国とは異なる国を訪れる旅行のことを「グリーンツーリズム」という。
エ.都市にある歴史遺産、文化遺産と、商業、娯楽、飲食、芸術などの都市機能を都市の雰囲気とあわせて楽しむ観光を「アーバンツーリズム」という。

解答:ウ

ウは「メディカルツーリズム」の説明である。


問題20.
以下のアからエまでのうち、ニューツーリズムに関する【問題文A】から【問題文C】の内容として適切なものを1つ選びなさい。
【問題文A】日本のアニメーションは世界的に注目され、海外にも多くのファンが存在し、漫画、ゲーム、ファッションとともに「クールビズ」と呼ばれ、日本ブランドの有力なコンテンツのひとつと位置づけられている。
【問題文B】アニメ作品の舞台、モデルとなった場所を訪ねる行為は「聖地巡礼」と呼ばれ、世界各国でも公開された2016年の大ヒット映画「君の名は。」の舞台となった岐阜県飛騨地方には国内外の多くのファンが聖地巡礼に訪れている。
【問題文C】日本でロケを行った中国や韓国の映画・テレビドラマの影響で日本を訪れる観光客も多く、コンテンツツーリズムはインバウンドにおいて重要な要素になっている。
ア.Aのみ誤っている。
イ.Bのみ誤っている。
ウ.Cのみ誤っている。
エ.すべて正しい。

解答:ア

アニメーションは漫画、ゲーム、ファッションとともに「クールジャパン」と呼ばれ、日本ブランドの有力なコンテンツとされている。


問題21.
訪日中国人旅行者に関する以下のアからエまでの記述のうち、一般的に言われている中で適切なものを1つ選びなさい。
ア.中国人の訪日観光は、中国の関連法令に基づく団体観光の形式をとり、個人観光は認められていない。
イ.2016年(平成28年)4月に中国は海外で購入した商品の持込みにかかる関税を引き上げたが、訪日中国人旅行者の消費活動に顕著な影響は表れなかった。
ウ.中国人は特別扱いされることを嫌う傾向があり、「熱烈歓迎」の横断幕を掲示したり、無料のお土産を準備したりする対応は避けるべきである。
エ.中国人は体を冷やすことを特に嫌い、温かい料理を好むため、日本式の温かくない弁当を提供することは避けた方がよい。

解答:エ

中国人は本来温かい料理が冷えたものは好まない。

ア.一定の要件を満たせば個人観光も可能であり、近年は個人旅行者も増えている。
イ.観光庁の推計によると、2016年(平成28年)4月以降の関税引き上げ及び越境ECによる訪日中国人の買物支出額へ与えた影響額は約2,000億円と試算されている。
ウ.中国人は特別扱いされることを好む傾向があり、「熱烈歓迎」の横断幕を掲示したり、無料のお土産を準備したりすると喜ばれる。

問題22.
訪日韓国人旅行者に関する以下のアからエまでの記述のうち、一般的に言われている中で適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.韓国では大衆温浴施設が一般的でないため、日本の温泉に入浴することに対しては抵抗がある。
イ.韓国には儒教文化が根強く残っているため、年長者に対する対応は特に注意する必要がある。
ウ.韓国はネット先進国であるため、ホテル、観光施設では、Wi-Fiの接続ができないと施設そのものの評価が下がる恐れがある。
エ.韓国人はキムチを好み、日本の飲食店でも韓国人旅行者にはキムチを提供することが一般的に望ましい。

解答:ア

韓国では大衆温浴施設が一般的であり、日本の温泉に入浴することに対しては比較的抵抗が少ないと言われている。


問題23.
訪日タイ人旅行者に関する以下のアからエまでの記述のうち、一般的に言われている中で適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.タイは熱帯に属する国で通年熱い気候であるため、タイ人は日本の四季に憧れを持っており、冬の雪、春の桜、秋の紅葉など四季を感じさせる風景に人気がある。
イ.タイ人は衛生上の問題から冷たい水を飲まない人が多いので、食事中に提供する飲み物は温かいお茶が適している。
ウ.タイ国内の施設ではタイ語と英語の2か国語表記が基本であり、タイ人は英語には比較的慣れているため、宿泊施設、飲食施設では、まず英語表記を心がければある程度の役には立つ。
エ.タイは熱心な仏教徒の多い国であり、また王室に対する敬意も深い人が多いので言動、心情はそれに沿うことを心がけるべきである。

解答:イ

タイ人は一般的に食事中に冷たい水を提供されることを好む。


問題24.
次の図はあるホテルのレストランに掲示されているポスターの一部である。以下のアからエまでのうち、図中の(   )に入る最も適切な日本語の語句を1つ選びなさい。

ア.食べ放題
イ.予約席
ウ.おすすめメニュー
エ.お持ち帰りできます

解答:ア


問題25.
次のグラフは、訪日外国人旅行者を対象にアンケートを実施し、回答率の多かった項目を順に5つ並べたものである。以下のアからエまでのうち、図中の(  )に入る最も適切な語句を1つ選びなさい。

ア.トイレの利用・場所・設備
イ.ATMの利用
ウ.飲食店、宿泊施設の情報の入手・予約
エ.無料公衆無線LAN環境

解答:エ

利用できると特に便利な場所では、空港、ホテル、鉄道駅と回答した割合が最も高い。鉄道駅では、不満足の理由として、「無線LAN環境がなかった」という回答割合が高い。


問題26.
以下のアからエまでのうち、インバウンドとバリアに関する次の文章中の(  )に入る最も適切な語句の組合せを1つ選びなさい。

( a )とは、すべての人が楽しめるよう創られた旅行であり、高齢や障がい等の有無にかかわらず、誰もが気兼ねなく参加できる旅行を目指すものである。海外(特に欧米諸国)の障がい者に対する根本的な考え方は( b )ではなく( c )である。

ア.a ユニバーサルツーリズム b 介護 c 自立支援
イ.a ヘルスツーリズム b 介護 c 自立支援
ウ.a ユニバーサルツーリズム b 自立支援 c 介護
エ.a ヘルスツーリズム b 自立支援 c 介護

解答:ア

海外(特に欧米諸国)の障がい者に対する根本的な考え方は介護ではなく自立支援であり、人が手伝うことを前提とした日本の「対処型バリアフリー」とは異なる部分があるので、注意が必要である。


問題27.
ファムトリップに関する以下のアからエまでの記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
ア.ファムトリップとは、海外の旅行関係者やメディア関係者を観光の担当者が自らの地域へ招待して観光情報を提供し、旅行商品、旅行情報として取り上げてもらうよう働きかけることである。
イ.人気ブロガー、ユーチューバーなどウェブ上で人気のある個人は何者にも拘束されない自由な表現をするため、ファムトリップの対象としては不適切である。
ウ.ファムトリップは限られた時間で行うため、相手国のニーズに応じるよりも自らの地域の売り込みたい観光ポイントを集中的に紹介することが重要である。
エ.外国人旅行者の集客をめざす主催者は、ファムトリップに必要な交通費、宿泊費、食費は基本的には負担しなくてよい。

解答:ア

イ.人気ブロガー、ユーチューバーなどウェブ上で人気のある個人をファムトリップに招待して情報を発信してもらうことは極めて有効である。
ウ.ターゲットとする国のニーズ、担当者のニーズをくみ取って紹介するコース、内容を設定しなければならない。
エ.ファムトリップの企画に際して、交通費、宿泊費、食費は予算化しておく必要がある。

問題28.
ウェブメディア全般について以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.店舗やホテルなどの施設に対する評価や感想をユーザーが投稿して、情報を共有するインターネット上のサイトのことを「クチコミサイト」という。
イ.ネット予約サイトは、最初、欧米中心に拡大したが、利用率は高まり続けており、日本発のネット予約サイトも存在している。
ウ.世界には1人で読者を数十万から数百万人単位で抱えている有名ブロガーもいるが、外国人旅行者が情報源としてブログを利用することはほとんどない。
エ.Facebookは世界最大級のSNSで、Facebook内には著名人や企業が作成できる「Facebookページ」があり、広告を掲載したり、ファンを集めることができる。

解答:ウ

観光庁「訪日外国人消費動向」(2015年)の調査で、訪日外国人が「出発前に得た旅行情報源で役に立ったもの(複数回答)」では、「個人のブログ」の回答が27.2%と一番高い結果になっている。


問題29.
以下のアからエまでのうち、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関する【問題文A】から【問題文C】の内容として適切なものを1つ選びなさい。
【問題文A】情報の拡散するスピードが速いなど、各方面で大きな影響力を持つSNSは、外国人旅行者の集客において重要なツールになっている。
【問題文B】事業者側は、SNSに必要最低限の情報を提供するだけで良く、定期的に更新することはさほど重要ではない。
【問題文C】Instagramは多くのユーザーに使用されている画像共有アプリケーションである。共通言語にもなる写真と簡単な単語で情報を発信できるため、インバウンド集客に有効である。
ア.Aのみ誤っている。
イ.Bのみ誤っている。
ウ.Cのみ誤っている。
エ.すべて正しい。

解答:イ

最新情報を提供でき、集客にもつながるため、ウェブメディア等の更新は定期的にすることが大事である。


問題30.
以下のアからエまでのうち、観光についての活動に関する次の文章の(  )に入る最も適切な語句の組合わせを1つ選びなさい。

地域が主体となり、地域の( a )を利活用して交流人口を拡大する観光諸活動を通して、地域を活性化させ持続可能な魅力ある地域を実現させるための活動を( b )といい、成功している自治体も多い。

ア.a 観光資源 b 日本再興戦略
イ.a 産業施設 b 観光まちづくり
ウ.a 観光資源 b 観光まちづくり
エ.a 産業施設 b 日本再興戦略

解答:ウ

観光まちづくりを進め地域を活性化させるには、地域資源を観光資源として磨き、魅力ある地域を作る持続的な活動が求められる。


【2017年4月4日UP】問題31~問題40を追加で公開しました。

問題31.
次の表は2015年(平成27年)の世界各国・地域の外国人訪問者数の上位20位までを示したものである。(   )内に入る国・地域名の正しい組合せを1つ選びなさい。

ア.a 日本 b フランス
イ.a フランス b 台湾
ウ.a フランス b 日本
エ.a 日本 b 台湾

解答:ウ

日本は19,737千人で、世界で16位、アジアで6位になっている。台湾は10,440千人で29位である。


問題32.
以下のアからエまでのうち、日本版DMOに関する【問題文A】から【問題文C】の内容として適切なものを1つ選びなさい。
【問題文A】旅行市場が大きく変化している中、これまでの我が国の地方における観光振興の体制は各地域によりバラバラな対応で非効率な面が多々見られた。このような状況を変えるために国が主導で全国統一の観光振興体制を構築することが日本版DMOの目的である。
【問題文B】観光地域づくりを行うことについて、対象となる地域の宿泊施設、交通事業者、商工業、農林漁業、飲食店、行政などの関係者間の合意形成をおこなうことが日本版DMOの役割の一つである。
【問題文C】専門職員により戦略的にマーケティングを進めることによって宿泊数や消費額の増加につながっている海外の事例にみられるような、自主財源を持ち、民間ノウハウなども活用できるDMOの形成・確立を支援するために「日本版DMO候補法人」の登録が開始されている。
ア.Aのみ誤っている。
イ.Bのみ誤っている。
ウ.Cのみ誤っている。
エ.すべて正しい。

解答:ア

地域発の多様な関係者を巻き込んだ観光振興の体制を構築することが目的であり、「全国統一の観光振興体制」は誤り。


問題33.
以下のアからエまでのうち、査証(ビザ)に関する【問題文A】及び【問題文B】の正誤の組合わせとして適切なものを1つ選びなさい。
【問題文A】査証(ビザ)とは、渡航先の国が発給する入国許可を事前に証明するもので、その国の在外公館が審査して認定された場合に旅券(パスポート)の査証欄にスタンプやシールで記される。一定の条件に合致する場合には査証を免除する制度をとることもある。
【問題文B】近年の訪日外国人旅行者の急激な増加に伴い、国内の安全な観光環境を維持するために、ビザ有効期間の短縮や訪問地の制限、一定の経済力を有する必要性など、ビザ発給要件の厳格化が進められている。
ア.A=○ B=○
イ.A=○ B=×
ウ.A=× B=○
エ.A=× B=×

解答:イ

外国との人的交流を拡大し、観光立国政策を推進するためにビザ有効期間の延長や発給要件の緩和が進められている。


問題34.
以下のアからエまでのうち、インバウンドにまつわる交通手段について、【問題文A】及び【問題文B】の正誤の組合わせとして適切なものを1つ選びなさい。
【問題文A】大型クルーズ船1回の寄港では2,000人から3,000人の訪日外国人旅行者が来訪し、寄港地では消耗品を含む物品が大量に購入される。大型クルーズ船の寄港地における経済効果は1人当たり3~4万円と試算され、特に母港(発着地)になると、その効果は、さらに大きなものとなる。
【問題文B】LCCとは国際線専門の格安航空会社のことで、この数年新規就航が相次いでおり、アジア各地からの訪日外国人旅行者増加の要因の一つになっている。
ア.A=○ B=○
イ.A=○ B=×
ウ.A=× B=○
エ.A=× B=×

解答:イ

国際線専門ではなく、日本国内の空港同士を結ぶ路線も多数存在する。


問題35.
以下のアからエまでのうち、免税対象物品の「消耗品」に区分されないものを1つ選びなさい。
ア.医薬品
イ.化粧品
ウ.衣料品
エ.食料品

解答:ウ

衣料品は「一般物品」であり、消耗品と合算できないので注意が必要である。


問題36.
以下のアからエまでのうち、旅行業ビジネスについて、【問題文A】及び【問題文B】の正誤の組合わせとして適切なものを1つ選びなさい。
【問題文A】旅行会社の基本ビジネスモデルはもともと消費者とサプライヤー(宿泊施設、交通事業者など)との間に立つ仲介業であったが、現在では自社で企画造成するパッケージツアーの販売が主になっている。海外ツアー企画の現地のホテル、ガイドなどを実際に手配するのはディストリビューターと呼ばれる会社であることが多い。
【問題文B】インターネットが普及し各種予約が簡単にできるようになり、宿泊施設、交通事業者が旅行会社を通さずに旅行者に直接販売することが多くなっており、従来の旅行会社にとって大きな課題となっている。このような環境下、OTAと呼ばれるインターネット上だけで取引を行う旅行会社が現れている。
ア.A=○ B=○
イ.A=○ B=×
ウ.A=× B=○
エ.A=× B=×

解答:ウ

旅行会社の依頼を受けて現地の宿泊、食事、観光、ガイドなどの手配を行う会社はランドオペレーター(ツアーオペレーター)と呼ばれる。ディストリビューターは海外の航空座席や宿泊客室を旅行会社に卸売する会社のこと。


問題37.
次の図は、訪日外国人旅行者を対象にアンケートを実施し、回答率の多かった項目上位3つを表している。以下のアからエまでのうち、図中の(  )に入る最も適切な語句を1つ選びなさい。

ア.別荘・コンドミニアム
イ.親族・知人宅
ウ.学校の寮・会社所有の宿泊施設
エ.旅館(和室中心)

解答:エ

外国人は慣れ親しんだホテル形式を選ぶことや、インターネット宿泊予約サイトへ旅館の登録が進んでいないなどを背景に、旅館の利用率が低くなっていると考えられる。


問題38.
以下のアからエまでのうち、訪日外国人旅行者の飲食に関する次の文章及び表中の(  )に入る正しい食品名の組合せを1つ選びなさい。

訪日外国人旅行者が最も満足した飲食の割合を国・地域別にみると、アメリカは和食の代表ともいえる「( a )」、台湾は「( b )」、韓国と香港は「( c )」、中国は「魚料理」の割合が高い。「( b )」は元来日本食ではないが、日本で独自の発展を遂げた。台湾では日本の「( b )」が人気を博しており、具体的な店舗情報がSNSなどで拡散しているという。「( c )」は地域ごとの高級ブランドを使用した料理に人気が集まる。

ア.a ラーメン b すし c 肉料理
イ.a 肉料理 b ラーメン c すし
ウ.a すし b 肉料理 c ラーメン
エ.a すし b ラーメン c 肉料理

解答:エ


問題39.
小売店における多言語表記に関する以下のアからエまでの記述のうち、適切ではないものを1つ選びなさい。
ア.売場や商品の案内のほかに、禁止事項や注意事項の表示を、日本語のほかに外国語を併記して表示することが望ましい。
イ.禁止、注意を促したり、案内、誘導を行うためには見た目のわかりやすさが必要で、ピクトグラムの使用も有効である。
ウ.日本語表記の場合、カタカナ表記は可能な限り少なくして漢字で表記すると、中国語圏の人の理解の助けとなり、ブランド名称などの固有名詞は原語表記を行うと理解されやすい。
エ.価格の表記は数字のため、言語を問わず理解されるので特に注意する必要はない。

解答:エ

価格表記は総額表示が一般的な国、税抜表示が一般的な国があり、それぞれ誤解が生じる場合がある。
また、訪日外国人旅行者にとっては、免税で購入した際の価格が分かりづらいことがあるので、プライスカードに外国語を併記するとよい。


問題40.
次の表は、訪日外国人旅行者の「語学」対策として、事業者が外国人留学生と外国人一般社員を雇うメリット・デメリットを表したものである。以下のアからエまでのうち、表中の(  )に入る最も適切な語句の組合せを1つ選びなさい。

ア.a.コストが安い b.長期雇用ができない c.コストが高い
イ.a.コストが安い b.長期雇用ができる  c.コストが高い
ウ.a.コストが高い b.長期雇用ができない c.コストが安い
エ.a.コストが高い b.長期雇用ができる  c.コストが安い

解答:ア

留学生は、コストが安く状況に合わせた雇用ができる反面、留学が終われば帰国してしまうこともある。また、一般社員は、即戦力として雇用することができるが、その分コストがかかることや労務管理が複雑といった問題もある。


試験申込

資料請求

協会トップページへ

インバウンド実務主任者とは

参考書籍・学習教材

↑ページトップへ